More from: 車

ホンダの「N-BOX」が今月もトップ!

軽自動車の10月の販売台数が”一般社団法人 全国軽自動車協会連合会”(全軽自協)から発表になった。
それによるとフルモデルチェンジして9/1に発売になったばかりのホンダの「N-BOX」が21,234台で2ヶ月連続のトップ。
発売月である9月の26,983台には及ばないが、圧倒的な多さでライバルに大差を付けてのトップとなった。
2位にはダイハツの「ムーヴ」が13,972台で入り、3位は同じくダイハツの「タント」が10,660台とここまでが1万台オーバー。
9月に15,153台で2位だった日産の「デイズ」は完成車検査の問題の影響からか5,961台と大幅に落ち込み順位も8位へ後退した。

トップの「N-BOX」は今年に入り、トップの座を譲ったのは新型発売直前の8月だけという強さ。
うーん、やはりバケモノだなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

LEXUSから「LC F」が出るのか

トヨタの高級ブランド「LEXUS」からラグジュアリークーペ「LC 500/500h」が出たのが今年の3月。
発売から9月までに合わせて1000台以上が販売されているが、この「LC」にハイパフォーマンスバージョンの「LC F」が出るらしい。
”F”が付くことからエンジンは5LのV8・・・をイメージしてしまうが、この「LC F」のエンジンは新開発で、気筒配置こそV8だが排気量は4Lになりそれをツインターボで過給し最高出力は670psと国産車最高の数値となるようだ。
これで「LC」のパワーユニットは5LのV8(LC500)と3.5LのV6+モーターのハイブリッド(LC500h)に加えて3種類目となる。
つまりモデル毎に異なるパワーユニットを搭載するという贅沢な構成になる。
さらに、2019年にはこれらに加えてコンバーチブルが追加される模様で、こちらのパワーユニットはV6の3.5Lツインターボ(LS500と同じ)になる見込み。
それにしても世の中のスーパーカーがその大出力を受け止めるために4WD化している時代に、FRで670psなんてちょっと時代錯誤的な感じもするなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

0Km?

車のガソリンが残り少なくなったのでセルフのスタンドに入れに行った。
車を停めてトリップメーターを操作して残りのガソリンでの走行可能距離を表示してビックリ!
表示された距離はなんと0Km!
この数字を信用すると全く走れなくなるところだったんだけど、実際にガソリンを入れてみると入ったのは38.6L程度。
タンク容量は42Lだから3L少々は残っていた計算になるので、あと30Km位は走れたかもしれないけど、そんなにギリギリまでガソリンを使うのは怖いね(汗)。
もし、走っていて本当にエンジンが止まってしまったら・・・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「テラノ レグラス」とは・・・

買い物に行ったスーパーの駐車場に見慣れない車があった。
パッと見で車種が判らなかったのでリアのエンブレムを見ると、「REGULUS」となっている。
これは日産「テラノ」の2代目(R50型)の派生グレードして1996年から2002年まで販売され、アメリカの「インフィニティ」ブランドでは「QX4」として販売された「テラノ レグラス」。

最終型でも販売から15年も過ぎているのに、乗っている人がいるなんてよほど気に入っているんだろうなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダの「CR-V」が国内向けに復活

ホンダのミドルサイズSUV「CR-V」が2018年中に国内向けに販売を開始(再開)するという。
東京モーターショー2017には「CR-V」の国内向けモデルが出品されている。
「CR-V」は初代が人気を集め、当時販売台数の不振で経営難に陥っていたホンダの救世主となったが、2代目以降のモデルは販売台数を稼げず、5代目となる現行モデルに置き換わることなく2016/8を持って国内での販売を終了していた。
SUVは国内外で人気のあるジャンルでホンダも小型SUV「ヴェゼル」が発売から4年を経過しても好調な販売を見せており、先月末にはクラスが上の「CR-V」を国内投入することを発表。
この度の東京モーターショーで国内向けモデルのお披露目をすることになった。

デザインはやや野暮ったかった4代目モデルから大きく変更され、「ヴェゼル」のようなシャープさを感じさせるデザインになっており、ライバルとなるであろうトヨタの「ハリアー」等に通じるものがあるように感じる。
パワートレインは「STPWGN」や「ジェイド」に搭載されているのをチューンし最高出力は190psににした1.5Lターボと、「アコード」「オデッセイ」に搭載されるハイブリッド「i-MMD」を用意。
ターボモデルには3列シートグレードも用意されるということなので、多人数乗車が可能なSUVになり、このグレードのライバルはマツダの「CX-8」、三菱の「アウトランダー」となりそう。

ここのところ大ヒット商品は軽自動車の「N-BOX」くらいしか無かったホンダが出すSUVということで、楽しみにしている人も結構いるんじゃないかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

スバルよ、お前もか

日産自動車が無資格者に完成車検査をさせていた問題で、同社は無資格者による検査を受けて出荷され、初回車検を受けていないおよそ120万台に対するリコールを届け出ている。
この問題を受け、スバルが社内調査を行ったところ、群馬工場でも同様に自社による認定を受けていない社員が完成車検査を行っていたことが判明したと発表した。

以前の燃費偽装問題でも最初に発覚した三菱自動車だけでなく、スズキでも不正が見つかり1社だけの問題では無かったが、今回も同様のことが起きてしまった。
こうなるとさらに他のメーカーでも起きていないか注目度が上がるねぇ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダの「モンキー」が125ccで復活するかも?

ホンダの原付バイク「モンキー」が125ccの原付2種として復活するかもしれない。
「モンキー」は今年の排ガス規制強化でこの8月で生産を終了したが、ホンダが東京モーターショーに同社の「グロム」をベースにした125cc版を参考出品し、「来場者の反応を見ながら生産を検討する」とのこと。
全長僅か1.3mの小型バイクとして人気があったが、先に書いたように今年の9月から強化された排ガス規制に対応するにはコストがかかり、”価格を維持できない”(ホンダの発表)ことから生産終了となった。
最終の記念モデルは500台限定の発売に対して90倍の4万5千台の申し込みがあったほどの人気車種。
もし125ccで復活すると、これに乗るために自動二輪の免許を取得する人が増えるかも?
というか、私も自動二輪の免許は欲しいね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「セレナ」のe-POWERは来年春に発売

昨日開幕した東京モーターショー2017で日産はミニバン「セレナ」にe-POWERを搭載したモデルを2018年春に発売すると発表した。
日産で最も売れていた「セレナ」に「ノート」に採用され販売トップに押し上げる原動力となったe-POWERが採用されるのは随分と前から噂されていたが、この度正式に発表されたということだ。
現在、「セレナ」には”マイルドハイブリッド”というモデルがあり、燃費はガソリンモデルよりは良いがライバルの「ノア/ヴォクシー」のガソリンモデルにも劣っていて、ハイブリッドモデルには大差を付けられている。
それでも室内の広さや使い勝手の良さで売れているが、ここにe-POWER搭載でさらに台数を伸ばすと思われる。
このクラスのミニバンではホンダが「ステップワゴン」に同社の「アコード」に採用された「i-MMD」を搭載し、燃費がクラス最高の25.0Km/L(JC08モード)を達成しているので、「セレナ」e-POWERはこれを超えると思われる。
しかも現行モデルにも搭載している自動運転(レベル2)装置の「プロパイロット」もあるので、発売直後は登録車の販売台数ランキングのトップに出るかもしれないなぁ。
あとは価格次第ということかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「プリウスα」の次期型が存在する?

トヨタのハイブリッドワゴン車「プリウスα」は3列シートモデルもあるが、3列目は狭くて常用はとても出来ず、現行型でも当初は3列シートモデルが売れたが、その後は2列シートモデルが販売の主力になった。
発売当初は3列シートを持つハイブリッドモデルは無かったが、今では同社の「ノア/ヴォクシー」をはじめとしてボックス型ミニバンにもハイブリッドモデルが追加される等していたので、「プリウスα」はモデル廃止になるかと思っていた。
ところが、ここにきて「プリウスα」の次期モデルと思わしき車両の写真がドイツのニュルブルクリンクで撮影された。
その写真には最近の流行である迷彩塗装をされた車が写っており、これが次期型の「プリウスα」ではないかとのキャプションが付いている。
単に「プリウス」の後部ルーフを持ち上げてワゴン化しただけでなく、大径タイヤの装着や最低地上高のアップでSUVっぽいデザインになっているように見える。
全体的には同社の「C-HR」の3列シートモデルのように見えなくもないが、現行同様2列シートも用意されると思われる。

この新型「プリウスα」は2018年に登場するとされている。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「カムリ」の新型って「クラウン」より大きいんだ・・・

トヨタが今年フルモデルチェンジした「カムリ」はアメリカが販売の主流と言うこともあるのだろうか、先代モデルよりさらにサイズアップされた。
既に先代でも同社の「クラウン」よりも広かった幅もさらに拡張され10mmもサイズアップ。
これで全幅は「クラウン」よりも40mmも広い1,840mmにもなってしまったし、最小回転半径は50mmも大きい。
全長は僅かに「クラウン」には届かないが、元々の車格(というか位置付け)を考えると大きくなり過ぎた感が強い。
なにせ「カムリ」の初代って「セリカ カムリ」で、クラウンよりは二つは格下だったわけだからねぇ、、、
現行モデル同士を比べて「カムリ」が下回っているのは”価格”かな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。