More from: 車

スズキの「ジムニー」は2018年にフルモデルチェンジか?

現在新車で販売されている国産車の中ではトヨタの「センチュリー」に次いでモデル寿命が長いのがスズキの「ジムニー」。
最後のフルモデルチェンジが「センチュリー」が1997年で「ジムニー」が1998年なので、それぞれ19年、18年にもなる。
その「ジムニー」が再来年の2018年にもフルモデルチェンジして四代目になるとの噂がある。
軽自動車唯一のラダーフレーム採用の本格的オフローダー(登録車を含めても他にはトヨタの「ランドクルーザー」と同じスズキの「エスクード(2.4Lグレード)」くらいしか無いが)で、現行モデル(三代目)になってから18年経った今年も月間におよそ1,000台平均(9月までの合計でおよそ1万台)売れている人気車種。
さすがに搭載しているエンジン(K6A)も古くなり他車種は新しいタイプのエンジンに切り替わっていて、殆ど「ジムニー」専用となっていたり、環境性能(燃費等)も見劣りがしてくるようになってきた。
ボディ構造(ラダーフレーム)が専用なのは仕方がないにしても、エンジンが古くて専用になってしまっているのはコスト的にも、サポート的にも不利なのでここらがモデルチェンジの潮時なのかも(それでも現行が一番モデル寿命が長い)。
新型はエンジンが他車種と同じ”R06A”となり、ボディ構造もラダーフレームを継承するものの、「アルト」等で実現した軽量化技術を投入してくると思われる。
エクステリアデザインに関しては現在のユーザーから見放されないように大幅な変更はされないと思うけど、スズキは時々びっくりするようなデザインを出してくるので油断は出来ない(笑)。
まだ少々先の話だけど、ちょっと楽しみだな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

カーナビの地図データ

ウチの車には中古車で購入した当初(2012/12)からビルトインタイプ(2DINサイズ)のカーナビが付いていた。
機種はPanasonicの「HDS620D」で2005年発売の今となっては古い機種。
車自体は2008年式なので、中古車ショップで後から組み込んだものかも?
ナビが古いということは収められている地図データも古いということで、載っていない道路や施設も段々増えてきた。
特に高速道路は道央道も道東道も未開通の部分が多かった時期のデータなので、現在開通している区間を通行すると場所によっては何もないところを走行しているかのように見えるし、並行する道路がある場合はそちらの上に自車が表示される。
また道東道の夕張IC-十勝清水IC間のデータが無いので、収録されている地図データは2007年以前のものと思われ、恐らくは一度もデータ更新が行われていないかと。
地図データを新しくしたいので探してみると2015/3までに開通した区間を収録した2016年度版の更新データが発売されていた。
このデータを購入して更新すれば道東道は2003年以降2015/3までに開通した本別IC-白糠IC間、道央道は2006年以降に開通した国縫IC-大沼IC間が新たに加わることになり、ずっと使いやすくなる筈。
これでも今年(2016年)の3月に開通し先月通ってきた道東道の白糠IC-阿寒IC間は収録されないことになり、しかも「HDS620D」用の更新データはこの2016年度版をもって最終とするということなので、今度開通する予定の区間に関しては収録されないということになる。
この際、一気にナビ自体を新調するのが良いのだろうし、ポータブルナビなら更新データよりも安く手に入るのがあるから、そっちを買うのが吉なのかも。
もしくはタブレットやスマホの地図ソフトを使うというのもありかとは思うが、ビルトインタイプのように車速センサー等からの信号が入らないのでトンネル内等でGPS衛星からの信号や基地局との通信が途絶えた時にどれくらいの精度で自車位置を検出できるのかが不安。
なのでやっぱり今回は地図データを更新して、何年後かに再度ナビを買い直す(もしくは車を買い替える)のが良いかな?
パナソニック(Panasonic) 2016年度版HDDナビ地図更新ソフト HDS600・700シリーズ用 CA-HDL165D
B0181XBHVS

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

スズキの「ワゴンR」はもう少しでフルモデルチェンジかと

スズキ自動車の主力車種である「ワゴンR」は日本の軽自動車界にハイト系ワゴンの流行を作った革命的な車。
1993年発売の初代から数えて現在販売されているのは五代目に当たるモデルで、発売から既に4年が過ぎている。
初代から三代目までは5年サイクルでモデルチェンジをしていたが、四代目は4年でモデルチェンジを実施していて、五代目も今年の夏には新型に切り替わる予定だった。
それが三菱自動車の燃費偽装問題に絡み、国土交通省が自動車メーカー各社の測定方法をチェックしたところ、スズキも正式な測定方法を採用していなかったことが発覚。
三菱自動車のケースとは違い燃費の数値を偽装するためではなかったとはいえ、スズキは新型車の発表・発売を延期することにしたので、「ワゴンR」のモデルチェンジも先延ばしにされてしまった。
それでも今年の末か来年早々には新型の「ワゴンR」が発表されることになったらしい。

一度だけだがほぼ新車の先代「ワゴンR」を代車として借りたことがあり、その時は軽自動車とは思えない車内の広さや運転のしやすさに「乗換えても良いかな?」と思ったほど。
今度のモデルチェンジでどのような進化を遂げてくるのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

三菱自動車の次期会長に日産の社長が就任予定?

過去の”リコール隠し”や今年になって発覚した”燃費偽装”で経営自体が揺らいでいる三菱自動車の次期会長に日産自動車の社長であるカルロス・ゴーン氏が就任する方向で調整が進んでいると報道された。
”燃費偽装”発覚で自社生産の車(軽自動車含む)の販売を休止せざるを得なくなり、その間は販売できる車はスズキからのOEMである「デリカD2」をはじめとするわずかな車種だけとなっていた三菱自動車に対し、日産自動車が出資を行い筆頭株主になることが報道されたのが少し前。
日産自動車が筆頭株主になるのは出資が完了する今月末の予定だが、12月に開く株主総会でゴーン氏の会長就任を正式に決定するということらしい。
益子現会長兼社長には社長として留任するよう要請するとのことだが、過去の経営陣の尻拭いばかりをさせられてきた益子氏が受けるかどうかは不透明だろうなぁ・・・

燃費偽装の発覚以前から売れる車種が無くて、売れているのは「デリカD:5」と「アウトランダーPHEV」くらいしなかったが、それでも月間販売台数が1,000台に届くか届かないかという状態で、台数を期待して導入したコンパクトカー「ミラージュ」も鳴かず飛ばず。
こんな状態で販売店はどうやって収益を確保しているのだろうと思っていたところに日産自動車と共同開発した軽自動車「EK」シリーズ(日産では「デイズ」シリーズ)が登場し、販売が好調に推移して一息ついたところに(日産での販売分も三菱自動車で生産)燃費偽装が発覚。
またまた売るものが無くなったと思ったら、偽装は他車種でも発覚してしまいもう大変。
そんな中で日産からの救済(出資)を受け入れることになり、経営陣人事がどうなるかと思っていたところに今回の報道。
ある意味予想通りと言えるが、果たしてどんな風に再生させるのだろうか?
日産の時のように容赦のない再建策を進めるのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

自動車販売、登録車は「プリウス」がトップも・・・

9月の自動車販売台数が発表された。
それによると登録車のトップは10カ月連続でトヨタの「プリウス」。
昨年のフルモデルチェンジから一度も販売首位を譲っておらず、相変わらずの売れ行きだ。
2位は同社の「アクア」で3位も同社の「シエンタ」と相変わらずの好調さを維持している。
登録車のベスト10の内トヨタ車が6台を占め、前月の7台からは減っているとはいえトヨタ車は売れているようだ(ちなみにトップ10から外れたのは前月9位「ヴィッツ」)。

軽自動車を含めたランキングではトップはホンダの「N-BOX」で、「プリウス」の10カ月連続首位を阻止した。
発売から5年近く経っても軽自動車販売のトップを走る「N-BOX」が(ホンダの決算があるとはいえ)新型の「プリウス」を抑えてトップと言うのは凄いなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今週末はF1日本グランプリ開催

自動車レースのフォーミューラー1(F1)のシーズンも終盤になっている。
今週末の10/7-9はいよいよ日本グランプリ(GP)が開催される。
舞台は三重県の鈴鹿サーキットで、ここはホンダのホームグラウンドでもある。
そのホンダがパワートレイン(既にエンジンだけではないのでこう呼ばれる)を供給しているマクラーレンチームは今シーズンのコンストラクターズポイントを63点とし、現在順位は6番目。
新興チームのハースやトロロッソよりは上位だが、トップチームには大きく後れをとっている。
過去にドライバーズチャンピオンを取ったことのある二人(アロンソ、バトン)の二人が、地元の鈴鹿でどれだけ上位に食い込んでくれるかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「マーチ」が3ナンバーって、無いわ―。

日産がパリモーターショーで披露した「マイクラGen5」。
「マイクラ」とは言うまでも無く「マーチ」の欧州での車名だ。
つまり「マイクラGen5」は次期「マーチ」(五代目)ということになるのだろう。

現行の「マーチ」はタイで生産され日本に輸入されているが、はっきり言って全く魅力が無い。
先代(K12型)の「マーチ」に乗っていたが、フルモデルチェンジした際には非常にがっかりした。
販売的にも失敗と言って良いほど売れておらず、たまに見かけるのもレンタカーであることが多い(一般ユーザーは買っていない)。
この原因はタイ工場での生産で質感が低いということもあるが、基本的に日産が日本市場を軽視しているためだろう。
デザイン的にもそれまでは前のモデルとは異なるデザインテイストを提案していたのが、現行モデルでは先代モデルの手直し程度にしか見えず、新しさが感じられなかった。
そこで今回披露された「マイクラGen5」は現行とは全く異なるアプローチを見せているので期待出来そうな感じはする。
ところが、サイズが大きくなってしまい幅はなんと1,743mmもあって日本では普通乗用(所謂3ナンバー)になってしまう。
コンパクトカーなのに3ナンバーって、、、同社の「ノート」よりも全長は短いものの幅が上回ってしまうという状況になってしまう・・・
フランスのルノーの工場で生産され、欧州では来年にも発売予定だと言うことだけど、このままのサイズだったら日本では今まで以上に売れないことになりそう。
もしかして日本向けには出すつもりは無いということなのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

日産の「ノート」は11/2にマイナーチェンジの予定だとか

日産の「ノート」が11/2にマイナーチェンジを受け、外観等が若干の変更となるらしい。
加えて日産としては初のストロングハイブリッドが追加されることになる予定。
採用されるハイブリッドシステムは「e-Power」と呼ばれ、駆動は全てモーターで行いエンジンは発電専用となる。
「ノート」に搭載されるモーターは同社の電気自動車「リーフ」と同じモーターで、発電用エンジンは直列3気筒の1.2L(「ノート」に搭載されているエンジンを改良した物)。
駆動にエンジンを使わないので効率の良い回転域のみを使って発電することが出来、発電して余った電気は搭載しているリチウムイオン電池に充電するため、走行中にもエンジンを停止することが可能。
メーカー公表の資料を見ると市街地走行中でもかなりの割合でエンジンが停止しているのが判る。
もちろん純粋なEVやプラグインハイブリッドに比べるとバッテリー容量が小さいのでエンジンを停止したままで走行できる距離は限られてしまうが、減速時には電力を回生してバッテリーに充電するので意外と効率は良さそう。
気になる燃費はプリウスの最も燃費の良いグレードを上回る40.5Km/L程度になるというから、これは期待出来るかも。
価格もガソリンエンジン仕様に比べて20万円程度高いだけと言うことらしいから、これは売れるんじゃないかな?
来年にはこの「e-Power」を売れ筋のミニバン「セレナ」にも搭載すると言うので、こちらも期待出来るかな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

車の不調の原因は・・・

ウチの車「フリード」がたまにパワーステアリングが効かなくなることがあるので、今日はディーラーに点検してもらいに行って来た。
点検用の端子にアナライザーを接続してチェックしたところ、やはりECUにエラーが記録されていたとのこと。
ただ、そのエラーはバッテリーの接続が切れた場合にも記録されるエラーとのことで、実際にバッテリーのマイナス端子のターミナルが緩んでいたとのこと。
そのせいで走行中の振動やエンジンの前後への動きでバッテリーと端子の接触不良が起き、電気を消費する装置が働いているとパワーステアリングへの電力供給が途絶えて動作しなくなってしまうことが考えられるとのこと。
対処として端子のサビを取って緩んでいたターミナルをしっかり締め付けたのでしばらく様子を見て欲しいとのこと。
ちょっと納得いかないところもあるけど、今日のところはディーラーの言い分を受け入れることにした。
これで直っていれば問題ないのだけど、元々現象が月に一度出るか出ないか程度の頻度だったので、直ったかどうかの確証が得られるのはしばらく先になると思われる。
私としては早いとこ再発して根本的に修理をして貰ったほうが安心して乗ることが出来るようになるので良いんだけどなぁ。

そうそう、リアのスライドドア開閉時に異音が出ていたんだけど、原因はドアレールの部分の潤滑剤が不足していたということで、注油していただいたところ綺麗に音が消えたよ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。