More from: 車

「CR-Z」の販売台数

6/9に今年一杯での生産終了が発表されたホンダのハイブリッドスポーツ「CR-Z」。
このことは既に記事にしたけれど、その時に販売台数を”月間三桁”と書いたが、調べてみると間違いだった(汗)。
2010年2月25日に発売された直後は月間販売目標の1,000台を大きく上回る売れ行きを見せたが、その年の10月には早くも目標を大きく割り込む554台と低迷を始めることに。
結局その後は翌2011年の3月に1,050台と四桁に乗せたものの、四桁販売はこの時が最後となった。
その後も波はあったものの着実に販売台数は減り、2013年10月には初の二桁となる81台まで減少。
その後の五ヶ月間は三桁に復帰するものの、2014年4月からは二桁が当たり前のようになり、以降の25ヶ月間で三桁に乗ったのは4回だけ。

今年(2016年)に入ってから4月までの月別の販売台数も66-69-102-53台の合計290台と低迷している。
この290台と言う台数はフラッグシップセダンの「レジェンド」とほぼ同じ。
価格が高く利益の大きい「レジェンド」ならまだしも、270万円程度の「CR-Z」がこんな台数なら生産打ち切り終了も無理は無いかなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ヴィンテージカーのオークション(トヨタ「2000GT」)

ヤフーオークションでヴィンテージカーやスーパーカーを特集したオークションが始まった。
ヴィンテージカーの中にはトヨタの名車「2000GT」も出ると言うことだったが、実のところ半信半疑だった。
なにせ全部で337台しか製造されなかった希少車。
ところがこれが本当に出品されていたのにはビックリ。
価格は1億800万円で、開始価格と即決価格が同じなのでオークションと言うよりも普通に販売しているようだ。
開始三日後の時点で入札は一件も無く、欲しい人にはまだチャンスは残っている。

でもなぁ、写真を見るとオリジナルの状態では無く、フェンダーミラーがドアミラーに変更されていたり、ボンネットに冷却用の穴が開口されていたり、フロントフェンダーにも加工がされている。
さらにマフラーとホイールも非純正品に交換されている。
オリジナルのマグネシウムホイールを探すのは大変そう・・・
これらを元に戻すとなるとまた費用がかかりそうだねぇ、、、
まぁ1億も出せる人ならそれらにかかる費用なんかたいしたことはないのかもしれないけどね。

出品された車の写真の背景にはもう一台の「2000GT」が見えているんだけど、このショップはこんな貴重な車を2台も在庫しているってことか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダ、ハイブリッドスポーツ「CR-Z」の生産終了を発表

ホンダは同社のハイブリッドスポーティーカー「CR-Z」の生産を12月で終了すると公式に発表した。
この発表を知って、「後継モデルの噂もあったんだけどなぁ、、、でも、無理も無いか、売れてないしなぁ・・・」と思ってしまった。
事実月間の販売台数は三桁の前半もしくは二桁という状況ではモデルチェンジも難しいかと。
それでもスポーツモデルと言うこともあって毎年なんらかの改良をしていたのはホンダらしいと言えようか。

今回の生産終了を受けて記念モデルが発表された。
この「α・Final label」はベースとなる「α」グレードに特別装備を加え、価格は10万円アップに抑えた280万円。
発売は今日6/10からとなっている。

貴重なハイブリッドスポーツと言うこともあって自動車雑誌等では後継モデルに関して囁かれてもいたけど、それらが具体化する前にメーカーが終息宣言をしてしまった。
だからと言ってホンダがハイブリッドスポーツを止めるわけでは無いのは北米で「NSX」の販売を開始していることからも明らか。
「NSX」の下位モデルとなるスポーツモデルの噂(「S2000」後継?)もあるので、そちらに期待かな?と思うけど、こちらは価格が500万とも700万とも言われていて「CR-Z」とはターゲットが全く違うような気がする・・・
入門用のスポーツモデルの需要があるのはトヨタの「86」スバルの「BRZ」がある程度売れているので確かなので、ホンダにも次の手を考えていて欲しいな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

車検中の代車も”痛車”のサービスが始まる

車体にキャラクター等を描いた所謂”痛車”のみを対象とするサービスが始まった。
愛知県で痛車のレンタカー事業を行っている会社が”痛車”専用の車検サービスを始めるとのこと。
このサービスを利用すると車検中の代車が無料で貸与され、その代車もメルセデスのSLKに同社のキャラクターをラッピングした痛車。
もちろん痛車では無い”普通の”車を代車として借りることも可能だそうだ(同じく無料)。

うーん、痛車に乗る人ってキャラクターや作品への思い入れが強い人だろうから、代車とはいえ異なるキャラクターが描かれた車に乗る人ってそれほどいないような気がするなぁ・・・
ま、話題作りには良いかもね!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダ「アコード」がマイナーチェンジ

ホンダは5/26に以前から公表していた「アコード」のマイナーチェンジを正式に発表した、発売も同日。
今回のマイナーチェンジでは内外装の一部が変更されたのと、安全運転装備「ホンダセンシング」の標準搭載、ハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」の変更がメイン。
エンジンは最高出力145ps/最大トルク175Nmと従来の143ps/165Nmから出力/トルク共に向上、また走行用モーターは先に発売された「オデッセイハイブリッド」に搭載されたのと同じものに変更され184ps/315Nmと従来型の169ps/307Nmからそれぞれ向上し、システム出力は199psから215psになった。
搭載されるバッテリーも出力容量に変更は無いが、新開発のセルへの変更に伴い体積が2/3と小型化され重量も12.8%軽量化された。
その結果トランクルームの容量が398Lから424Lに拡大され奥行きも743mmから830mmに深くなっていて、ゴルフバッグ4個を積載可能となったとのこと(従来型は3個)。
ハイブリッド車として注目される燃費はベースグレードの”LX”が従来の30.0Km/Lから31.6Km/Lへ向上(上級グレードの”EX”は30.0Km/Lで変更無し)。
価格は従来型から約10万円アップして385万円/410万円となっている。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタの「タンドラ」で100万マイル走行とか凄いなぁ

アメリカでの話だけど、トヨタのピックアップ「タンドラ」で100万マイル(160万Km)を走った人がいるそうな。
2007年に新車で購入してから年間20万Kmほど走り続け、先だって100万マイル(160万Km)を達成。
きちんと点検整備を行っているためかこれだけ走ってもエンジンやミッションをはじめとして特にトラブルは無いとか。
そのことを伝え聞いた北米トヨタはこの人の「タンドラ」を新車と交換して欲しいと申し入れ受け入れて貰ったとか。
そりゃメーカーとしては実際に100万マイル走行した実車には興味があるだろうなぁー。
それにしても年間20万Kmってことは一月に1.6万Kmってことで、1日当たり500Km以上・・・ってことは毎日東京と大阪の間を走る様なもの・・・
どうやったらこんだけ乗れるんだろう?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ランボもいた

昨日通りかかったカーショップにはフェラーリだけでなく、ガレージの中にはランボルギーニの「ガヤルド」も入っていた。
さらにその前にはポルシェ911も置いてあった。
先のフェラーリ3台と合わせると7~8千万円以上になるのかなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「TRICITY125」

日曜日は天気が良かったせいか2輪車も多く見かけた。
その中にはYAMAHAの「TRICITY125」も一台いてビックリ!
ググって貰うと判るけど、前輪が2つ並んでいる3輪車で、コーナーでリーンする時は左右の前輪が別々(実際にはリンクして)に動いて、両輪ともに理想的な接地圧になるという機構が付いている。
調べてみると2カ月間の試乗をするモニターが募集されていて(既に決定済み)、もしかするとその中に選ばれた人だったのかも?
もちろん購入した人かもしれないけどね(汗)。
北海道ではバイクに乗れる期間が半年ほどしか無いんだよなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

フェラーリ3台

先日ランボルギーニの「アヴェンタドール ロードスター」を見かけたばかりだけど、昨日はフェラーリ3台が並んでいるのを見かけてしまった。
たまたま車で通りかかったカーショップに「328GTB」「360スパイダー」「458スペチアーレ」が並んでいた。
通りすがりにチラッと見ただけなので、細かいところは判らないけど、3台で一体幾らになるんだろう?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今日も珍しい車を見たなぁ

今日は天気が良くて暑くなったので、午後から子供と一緒に前田森林公園に行って来たんだけど、行く途中で珍しい車を見かけた。
”珍しい”というのは生産数が限られているとかではなく、単純に売れ行き不振で販売された数が少ないためで、特に希少車というわけでもない。
で、その車はなにかと言うと、トヨタの「マークXジオ」。
4ドアセダンの「マークX」と名前が似ているけど、駆動方式からして異なる全く別の車(「マークX」はFR、「マークXジオ」はFF)。
「マークX」の先代モデルである「マークII」には「マークIIブリット」「マークIIクオリス」(これは「カムリグラシア」と同じ車のデザイン違いで、「マークII」との共通点は無い)といったステーションワゴンがあったので、その後継車種と位置付けられている。
しかもただのステーションワゴンでは無く、3列目シートを備えたミニバンのような車。
ところがこの3列目シートが殆ど使えない代物で、ポルシェ911(963)のリアシートよりも狭いんじゃ無いだろうか?
一度トヨペット店で展示車を見せて貰った時にセールスマンの人に訊いたら、3列目シートをたたんで使っている人が多いとのことで、思わず納得だった(笑)。
そんなこともあり、デビュー時にはそこそこ売れたけど、発売三ヶ月目には既に販売目標を大きく下回ることになってしまい、結局発売から6年少々で生産終了となってしまった。
現在このクラスの3列シート車としては「プリウスα」の7人乗りがあり、こちらも最初は売れたけど現在では2列シート車のほうが売れている。
やはり中途半端な3列目シートは使えないので売れなくなるんだなぁ、という良い見本かと。

話を戻すと「マークXジオ」は札幌市内でも時々見かけることがある車だけど、今日は前田森林公園に行く途中だけで2台も見かけてしまった。
普段は月に数回程度しか見かけ無い車を一日で2台も見かけるなんてねぇ・・・
天気が良かったので出掛けることにした人が多かったのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。