More from: 車

「札幌モーターショー2018」

一昨日から三日間の予定で「札幌モーターショー2018」が開催されている。
今日が最終日なので、会場はおそらく混み合っていると思われる。
それは良いんだけど、問題は会場。
札幌ドームが会場なので、周辺の道路は普段の休日よりも混んでいると思われる。
帯広から自宅に帰る際は通常北広島ICで降りて札幌ドーム付近を通るが、今日は降りるICを変更して別の道を通った方が良さそうだなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「JPN TAXI」

昨年10月にトヨタからタクシー専用の新車種「JPN TAXI(ジャパン タクシー)」が発売になった。
以前からデザイン等は公表されていたので興味があったが、ディーラーに行って試乗出来るわけでもなく、乗るためには地元のタクシー会社が導入するのを待たなくてはならなかった。
先月辺りから札幌でも時たま見かけるようになり、先だってようやく乗る機会を得た。
乗って最初に感じたのはリアシートの広さ。
足元も頭上も広々としていて非常にゆったりと乗ることが出来る。
これは車いすのままでの乗り降りも考慮されているためとなっていて、車体サイズを考えると驚異的な広がり感を与えてくれる。
走り出すと静かで乗り心地もかなり良いと感じた。
タクシー専用車ということでリアシートの居住性は非常に良いと言えよう、日産のNV200に比べると雲泥の差だし、アルファードハイブリッドと比較しても引けを取らないと思う。
運転手さんのお話では、この会社(つばめタクシー)では現在3台導入済みとのことで、その内の1台に乗ることが出来たわけで結構ラッキーだったようだ。
さらに追加で2台の導入予定があるそうで、他社も導入しているのを見たことがあるので今後は見かける回数も増えると思われる。
なんでも東京では既に全タクシーの2割がこの「JPN TAXI」に置き換わっているという話で、2020年の東京五輪までには5割が置き換わることになるという。
これまでの「コンフォート」や「クルー」と比較するとずっと良いので、札幌でも台数が増えてくれないかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

リコール対象?

以前、世間を騒がせたタカタのエアバッグの問題。
アメリカでは死者も出るような事故も起きてしまい、結局タカタが全てのエアバッグの交換を行うことになってしまった。
実際には後ろ盾になっていたホンダにも見放されてしまい製造業としては戦後最大の倒産(民事再生法適用申請)となってしまった。
国道交通省は対象となるエアバッグを搭載し、メーカーからリコールの届け出が出ている車はそのリコールの対策措置を受けていない限り車検に合格させないという特例措置を発表している。
ウチの車も心配だったので車検証に出ている車台番号で検索したところ、既に対策済みと表示された。
リコールそのものは2015年6月に届け出がされていて、その後に別件でディーラーに修理に出した際に対策されたようだ。
いやぁ、一安心!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ダイハツの「ムーヴ・キャンバス」と初音ミクがコラボ!

ダイハツの軽自動車「ムーヴ・キャンバス」とヴォーカロイドの初音ミクのコラボ企画が進行中。
内外装をミクのイメージに仕上げた「MOVE Canbus HATSUNE MIKU Limited Package」がこの春に発売される予定。
同社の軽自動車とミクのコラボは2年ぶり3回目で、過去2回はミラココア(2014年)とキャストアプティバ(2016年)で、それぞれ雪ミクとのコラボだったが、今回はボディカラーにミク色がある「ムーヴ・キャンバス」が選ばれた。
今年の”札幌モーターショー”(1/19~1/21)にはコラボカーの展示もあるとか。
外装(パッケージ販売)・内装(個別販売)とも数量限定だそうなので、気になる人は公式サイト「初音ミク × ダイハツ|DBC STORE紹介サイト」にて要チェックだね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今年は「プリウスPHV」か

昨日と今日行われる正月恒例「箱根駅伝」の復路が間もなくスタート。
選手たちの後方には伴走車かなにかとして使われる車が停まっている。
車種はトヨタの「プリウス プラグインハイブリッド」。
たしか昨年は燃料電池車の「MIRAI」と共に使われていたと思うが、今年も使われているんだな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

対向車が来るようになったと思ったら

少し前から道東道の上で渋滞にハマって停車中。
故障車による通行止になっている区間にいるんだけど、時折対向車が来るようになったので開通も近いかと思っていた。
ところがそれらの対向車は渋滞の前の方の車がしびれを切らしてUターンして来てる車のようだorz。
私の前後でもUターンする車が散見されるようになって来た。
いつになったら開通するのだろう?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

渋滞

札幌に帰る途中、道東道の占冠インターから数キロほど札幌寄りの橋の上で停車中。
この先のトンネルの中で故障車がいるのが原因らしい。
先程警察官が徒歩でトンネルに向かって行ったので、なんらかの対処はしていると思われる。
少し前までは対向車が来ていたが、全く来なくなったので、通行止になったのものと思われる。
いやぁ、参ったなぁ、、、札幌に着くのは何時になることやら。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

“A80スープラ”

ちょっと前に懐かしい車を見かけた。
それはトヨタの「スープラ」で、それも最後の「A80」型。
排ガス規制の強化で惜しまれつつも廃止となったモデルだ。
一時期は結構見かけたんだけど、一時期は今では年に数回見かける程度かなぁ?
いやぁ懐かしいものを見たなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「LEXUS ES」が日本で復活

トヨタの高級車ブランド「レクサス」で海外専売モデルとなっている「ES」が2018年のフルモデルチェンジに合わせて日本で販売されることになるらしい。
「LEXUS ES」というと、以前国内では「ウィンダム」として販売されていたが、国内でのセダン需要の低迷もあってかモデルチェンジと同時に国内での販売を終了。
その後は海外専売モデルとして「カムリ」の上位車種として販売されており、これを次回のモデルチェンジのタイミングで国内に再投入するとのこと。
このクラスの車の購買層は景気の上昇の恩恵を受けていると思われるので、もしかすると大化けする可能性も・・・・・それほど無いか(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「FJクルーザー」が生産中止へ

トヨタが同社のSUV「FJクルーザー」を来年1月31日で生産終了すると発表している。
昨年にも生産終了の噂があり、一部のメディアでは”生産終了決定”と報じたが、後に誤報と判明している。
今回はメーカーが公表したものなので間違いないと思われ、既に最後の特別仕様車が発売されているが、今回生産を終了するのは日本国内向けで、一部の海外(中近東やアジア)向けは生産を継続すると報じられている(元ソースが不明なので本当なのか裏が取れていない)。
少なくとも日本で正規にディーラーから購入可能なのは今の内だけとなるようだから、好きな人は急いでディーラーに行かないとね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。