More from: 美味いもの

今年(2014)のRSR その20

今年のRSRも昨日(8/17)の早朝でフィナーレを迎えた。
昨年は子供が産まれたばかりで夫婦交代で自宅で面倒を見て必要があり、二人とも満足にステージを観ることは出来なかったが、今年は昼間だけだが子供を預かって貰うことが出来たので、昼間(20時頃まで)は二人揃って会場にいることが可能になり昨年より沢山のステージを観ることが出来た。

今年も私なりの感想を交えて記録に残しておこうと思う。

まずは初日。
子供を預ける関係上自宅を出発したのは昨年よりも50分近くも遅い8時半頃、会場近くの駐車場待ちの車の列の最後尾に付いたのは9時5分。
この時点では昨年からの遅れは40分程度に縮まっていたが、ここから駐車場に入るまでの時間がかかり、駐車場に車を停めたのが9時50分で開場まであと10分となっていた。
先に着いている友人にテントサイトのチケットを預けるために妻が先行して入場待ちの列に向かい、その間に私が荷物を持って列の最後尾に並んだのが開場直前。
妻がなんとかチケットを手渡すことが出来て私と合流した時には直前で参加が決まった「Scoobie Do」のウェルカム演奏が始まっていた(=開場時刻になった)。
そのまま並ぶことおよそ50分でようやく入場ゲートをくぐり開場に入ることが出来た。
先に着いてテントサイトの割り当てを受けていた友人と合流してテントサイトに到着し、先ずはビールで乾杯(笑)。
テントやタープの設営を終え、昼食を食べにサンステ側の小樽横丁方面に行く途中で祭太郎のコーナーに立ち寄りちょうど行われていた集合写真撮影に参加し、終了後にご本人に挨拶(ちゃんと覚えていてくれた)。

去年食べて美味しかった小樽の「大八栗原蒲鉾店」の「お祭り棒天」を妻にも食べて貰いたかったので昼食前に立ち寄って食べた。

RSR会場で食べた大八栗原蒲鉾店の「お祭り棒天」。

RSR会場で食べた大八栗原蒲鉾店の「お祭り棒天」。


手前の一本はトッピング無しで、奥はマヨネーズと一味唐辛子をトッピングしたもの(トッピングはこの他に青海苔もあり)で、一本200円。
これがビールと良く合って美味しいんだよねぇ(笑)。

昼食にはガッツリとしたものが食べたかったので、小樽は「み義」の「ステーキ丼」(700円)をチョイス。

小樽「み義」のステーキ丼。

小樽「み義」のステーキ丼。


数えるとステーキが8枚も載っていて結構なボリュームがある、薬味にわさびがついていてこれを牛肉につけて食べると美味!
これで700円は安いと思うなぁ、もしかして載せ方を間違ったのかと思ってしまった(汗)。
ここでお腹一杯になったところでサンステ近辺を見て周った後に一度テントに戻り、最初のステージである「レキシ」が始まるまで少々休憩。

「レキシ」のステージ以降の感想はまた次の記事で。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

あれあれ?お店が変わっていたよ

札幌の狸小路8丁目の南側にあるビルの地下には「松味庵」という蕎麦屋があった。
たまに食べに行くことがあったのだけど、一ヶ月ぶりくらいに行ったところビルの入り口にいつも置いてあった行灯が無く、別なお店のものが出ている。
「あれ?」
と思いながら階段を下りていくと、お店の前にはお祝いのお花と思われる花がいくつか飾られている。
その花を見るとどれも開店祝いとなっていて、お店の暖簾も新しい名前のものに取り替えられていた。
どうもお店自体が変わってしまったらしい。
新しいお店は「そばと酒 絆太(はんた)」となっており、一応蕎麦も食べられそうだったので入ってみたら、中の造りも少々変更されていて今まで邪魔だったカウンター上の棚が取り払われ見通しが良くなっていた。
出された蕎麦も今までの更科系のような白い蕎麦から少々田舎そばに近い黒っぽい蕎麦になっていた。
味はたいしたことは無かったが、もともと味には期待していなかったので落胆することも無かった。
値段は松味庵時代に比べると上がっていて、かけそばが630円、冷やしたぬきが780円となっており、冷やしたぬきは180円も高くなっている。
お昼の日替わりランチも松味庵時代の650円から700円と少し上がっている。
蕎麦自体が変わっているので単純比較は出来ないけど、昼食としては少々敷居が高くなってしまったかな?

絆太のメニュー(セットメニュー側)

絆太のメニュー(セットメニュー側)

絆太のメニュー(単品側)

絆太のメニュー(単品側)


松味庵時代とは異なりうどんはメニューに載っていない。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

出店情報がアップされていた(RSR2014)

今年のRSRの会場に出店する各種飲食店等の情報が昨日8/3に公開された。
RSRの楽しみの一つに「食べる」「飲む」ことがあるが、今年も飲食物を提供してくれるお店がたくさん出店する。

発表されたお店の情報をざっと眺めて気になったお店は
・昨年初めて行って美味しい揚げ蒲鉾を食べさせて貰えた小樽の「大八栗原蒲鉾店」
・山わさび入りのハンバーガーが美味しい「maruyama DRiLL」
・三重県から初出店となるハンバーガーショップ「ナインゲートバーガー」
あとは「JollyJelly 〜EZO BAR〜」のステーキピラフも気になるな。

んー、今年もいろいろ美味しいものを食べることが出来そうで楽しみだ!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

芽室「坂東農場」の「ゴールドラッシュ」

先日から帯広に行っていた妻が芽室の愛菜屋でとうきび(とうもろこし)を買ってきてくれた。
買ってきてくれたのはタイトルにあるように北芽室の「坂東農場」で採れた「ゴールドラッシュ」という品種。
茹でて食べるのが普通だけど、これは生でも甘くて食べられる。
以前も帯広に行った際に買ってきて食べたらとても甘くて美味しく、また食べたいと思っていたが収穫時期に十勝に行くことがあまり無かったので食せずにいた。
今回ようやく食べることが出来たが、やっぱり甘くて美味しいな!。

先日NHKの北海道ローカルの番組で、愛菜屋からの生中継があったけど、昼間だったので見る事ができなかった。
その際にこの「ゴールドラッシュ」が紹介されたとのことで、売り切れが心配だったけどそれを見越して多めに置いてあったので無事に買えたとの事だった。
収穫期間の間にもう一回くらいは食べたいけど、買いに行けそうには無いので農場に頼んで通販で送って貰おうかなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今月号の「O.tone」に・・・

書店に行ったところ札幌の「あるた出版」という出版社が発行している「O.tone」という雑誌の最新号が置いてあった。
別に地元の情報誌なので毎月置いてあるし、市内のコンビニの雑誌コーナーにも置いてあるので珍しくは無い光景なんだけど、表紙を見てちょっとびっくり。
今月号(2014年6月号)の特集はパン屋さん。
表紙に写っているのは「モンクール(正式には「詩とパンと珈琲 モンクール」)」というパン屋さんの「サババケット」。
友人のライブで初めてお邪魔した時に「鯖パンがあるよ!」と言われて正直「パンに鯖ぁ?いやちょっとそれは・・・」と思ったけど、実際に食べてみるとこれが美味しい!
というか、この「サババケット」のインパクトが強くて他のパンを覚えていないという(汗)。
他のパンも美味しかったけど、サババケットのインパクトが強すぎ(笑)。
お店があるのが自宅とはちょっと離れた場所で、駐車場も無いので少し行き難いけどまた食べたくなってしまった。

モンクールの「サババケット」(白の円内)

モンクールの「サババケット」(白の円内)

この写真は店内のイートインコーナーで撮影したもので、買ったパンをその場で食べることが出来るよ。

そうそう、洞爺湖畔の旧洞爺村の「ラムヤート」でこの「サババケット」のことを話したら驚かれたなぁ。

O.tone[オトン]Vol.68(あの店のパンを求めて)
B00L0RQ7XG

「詩とパンと珈琲 モンクール」
北海道札幌市中央区北3条西18-2-4
011-611-3747
facebookページ:https://www.facebook.com/ppcmoncoeur

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

函館大門横丁の「クラブハウス」

夕食を食べに行った「ことぶき亭」さんが営業していなかったので、同じ大門横丁内でお店を探して歩いていたら声を掛けて下さったのが「クラブハウス」というお店の方だった。
折角声を掛けて下さったのでお邪魔することにして店内へ。
子供を乗せたベビーカーを挟んでカウンター(しか無いけど)に座りお勧めを訊くと蟹関連がお勧めとのこと。
居酒屋形式で営業しているけど、本来は蟹がメインの商品ということだった。
店名の「クラブハウス」も英語表記では「Crab House」であって、「Clubhouse」では無かった。
まずは飲み物として注文したのが「五稜郭」という焼酎。
さりげなくカウンターに置かれていたのが名前が気になってどんなお酒か訊いたところ牛乳(ホエー)をから作られた牛乳焼酎とのことだったので思わず注文してしまった。
それほど空腹では無かったので食べるものはあまり頼まなくても良さそうだったが、メニューを見て気になったベーコンとジャガイモの炒め物とイカの一夜干し、それと妻がカニミソを注文した。
どれも結構美味しくて良かったし、カニミソが470円と安かった割には量が多くて良かった。
量が多いと言えば他の二品も思ったよりボリュームがあって、最後は食べきるのに苦労してしまった(汗)。
今度お邪魔する時はお腹を空かせていかないと駄目だね(笑)

店舗外観。場所は大門横丁の北東側入り口を入ってすぐ左手。

店舗外観。場所は大門横丁の北東側入り口を入ってすぐ左手。

「イカの一夜干し」。大きくて厚みも有って結構なボリューム。 後ろに写っているのは梅酒と柚子酒の一升瓶。

「イカの一夜干し」。大きくて厚みも有って結構なボリューム。
後ろに写っているのは梅酒と柚子酒の一升瓶。

ベーコンとじゃがいもの炒め物。こちらも結構ボリュームがあった。

ベーコンとじゃがいもの炒め物。こちらも結構ボリュームがあった。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

函館大門横丁の「ことぶき亭」さんがorz

前の記事で「魚一心」さんが満席で入れなかったのでその日の夕食を食べに大門横丁に行ったと書いた。
実際に大門横丁に到着して毎回お邪魔していた「ことぶき亭」さんを目指したところ、お店はあるのだけどちょうちんに灯が入っていない。
戸は開いているし時間的には営業しているはずなのでおかしいなと思っていたら中から見慣れない髭面の人が「ここはバーですけど」と声をかけてきた。
確かに店内を見るとカウンターには洋酒の瓶が並んでいて、どうみても炭火焼の出来る雰囲気では無くなっている。
それで「ことぶき亭さんでは無いのですか?」と尋ねると、「火曜と水曜はことぶき亭さんはお休みで、その日だけお店をお借りして営業しているんですよ。」とのこと。
私たちが函館を出発するのは木曜日の朝だったので、ちょうど滞在期間はお休みだということに・・・
3年前に寄った時は美味しいものを食べさせていただいたので、今回も楽しみにしていたんだけどなぁ、、、残念!
下は2011年の12月にお邪魔した際に撮影してきた写真(再掲)。

鱈の昆布締め

鱈の昆布締め。

「ことぶき亭」外観

「ことぶき亭」外観。大門横丁を南東側から入って左の3軒目(Bar かなざわ109の隣)。

ウネスのベーコン

鯨のウネスのベーコン。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

函館自由市場「Coffee マルシェ」の自由海鮮丼

今回の旅行の三日目の朝は函館自由市場の「Coffee マルシェ」さんで海鮮丼をいただいた。
お願いしたのはネタを自由に選べる「自由海鮮丼」で、食べたいネタをお願いすれば市場内で仕入れて来て海鮮丼を作って貰える。
好きなネタを選べるという点では釧路和商市場の「勝手丼」と似たようなものだけど、ご飯の上に自分でネタを並べる「勝手丼」と違い、こちらは見た目もきれいに並べてくれる。
この日私たちがお願いしたのは妻が「マグロ赤身・イクラ・ヤリイカ」で私が「マグロ赤身・サーモン・ヤリイカ」。
丼の他にお味噌汁と付け合わせの切干大根等が付いて二人で3,800円(税込)と安くは無かったが、新鮮なネタで盛り付けられた海鮮丼は美味しかった。
子供をベビーカーに乗せていたのでお店には入れなかったが、お店の前にベンチとテーブルが用意されていて、そこに持って来ていただいたので、なに不自由無く食べることが出来た。

「Coffee マルシェ」のお店。右上に見える目の大きい女の子の絵はお店の方の息子さん(画家志望)が描かれたとのこと。

「Coffee マルシェ」のお店。右上に見える目の大きい女の子の絵はお店の方の息子さん(画家志望)が描かれたとのこと。

妻の頼んだ「マグロ赤身・イクラ・ヤリイカの海鮮丼」。

妻の頼んだ「マグロ赤身・イクラ・ヤリイカの海鮮丼」。

私が頼んだ「マグロ赤身・サーモン・ヤリイカの自由海鮮丼」。

私が頼んだ「マグロ赤身・サーモン・ヤリイカの自由海鮮丼」。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今日の朝食は刺身

今日の朝食は昨日も行った函館自由市場で刺身を買ってきてホテルで食べた。
買って来たのはマグロ(赤身6切れ)、ヤリイカ、甘エビの3種類で、それぞれ1パック500円。
これにコンビニのおにぎり等を合わせて朝食とした。
昨日は自由市場内のCofeeマルシェさんでお好み海鮮丼(妻はマグロの赤身・イクラ・ヤリイカ、私はマグロの赤身・ヤリイカ・サーモン)を作って貰って食べた時の3,800円に比べると半額程度で済んだので良かったな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今朝は市場に行くつもり

函館二日目の今日は最初に市場に行くつもり。
有名な朝市は以前行っているので、今日は別な市場に行くことにしている。
中で食事出来るお店もあるらしいので、今日の朝食はそれらのお店のどこかで食べるつもり。
折角函館に来たのだから一度は海鮮物を食べたいなと。
昨夜はイカの一夜干しを食べたけど、やはり新鮮なものも食べたいね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。