More from: カメラ

6/17のISS通過

昨夜の国際宇宙ステーションの上空通過は比較的条件が良かったので撮影してみた。
”条件が良い”とは言うものの、私の自宅付近では丁度最大仰角時に建物が障害となってしまったので、最大仰角を過ぎたあたりからの撮影になってしまった(汗)。
それでも最近にしては雲が少ない方だったので、飛んでいる姿を目で追うことが出来た。
最大仰角が60度と高めでカメラは横位置だったので画面の上の方から入ってきて下に向けて飛んでいる様子を写せたのが下の写真。
方角を少々間違ってセッティングしたので画面中央に写せなかったのが少々残念(汗)。

2015/06/17のISS通過

2015/06/17のISS通過


レンズは18-55mm F3.5-5.6 VR(18mm)
シャッタースピード:5Secで連続撮影。
絞り:8
ISO感度:800

「EOS Kiss X4」よりもシャッターの間隔が短く、その分軌跡の途切れている部分が短くなっている。
ところがボディの設定で「長秒時ノイズ低減」をオンにするとシャッター間隔が数秒程度に長くなるので今回はオフにしている。
それでもあまりノイズは気にならないので、今後はこっちで撮影することが多くなるかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ヨドバシに在庫があったよ(汗)

Fマウント及びKマウント用のTマウントアダプターをヨドバシカメラのサイトで探してみたら、両方とも札幌店に在庫があることになっていた。
うーん、あのミラーレンズは他のボディでも使ってみたいのは確かなんだよなぁ。
値段もamazonよりは少し高いけどポイント還元を考えるとかえって安いからこの際買ってしまおうか・・・
つか、貯まっているポイントで両方とも買えるし(汗)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

フォーカスエイドが使えないかなぁ・・・

先日購入したミラーレンズ「KENKO TOKINA ミラーレンズ500mm F8」は完全マニュアルレンズで、ボディ側との信号のやりとりは全く無い。
ボディによってはこのレンズを使う時に「レンズ無し」でもレリーズ可能に設定する必要があるし、EOSではフォーカスエイドが全く使えずピントを合わせるのに結構苦労している。
#NIKONのボディでは開放f値が5.6以上でフォーカスエイドが使えることになっているが、このレンズは8なので駄目かも。
なんとかしてEOSでフォーカスエイドが使えないかなぁ?と思って考え付いたのは、Kマウント→EFマウント用のマウントアダプターを使って擬似的にボディ側に信号を送れば可能ではないかと言うこと。
どんなことかというと、手元にあるマウントアダプターは内部にICが入っていてボディ側に常に50mm f=1.4のレンズであるとの信号を送るので、この機能を使えばボディ側はCPU搭載レンズと認識してフォーカスエイドが使えるのではないかということ。
実際の焦点距離とは一桁も違う情報を送ることになるが、それでも動作してくれればめっけものかと。
ということはこのレンズ用のTマウントアダプタ(Kマウント用)を手に入れなければならないが、そう高いものでも無い。
本当はFマウント用のTマウントアダプタが欲しいんだけど、Fマウント→EFマウント用のマウントアダプタでチップ内蔵のものは高いのがネックだなぁ。
それでもヤフオクで探すと比較的安いのがあるかぁ、、、

Kenko アダプター Tマウント ニコン用(P=0.75) KE T2N
B000WMC34M
それにしてもKENKOはこのミラーレンズをなんとしても売り切ってしまいたいらしいなぁ、ただでさえ価格を下げているのに期間限定でポイント10倍とは、結構お買い得かも。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

500mmの試し撮り

先日購入した500mmのミラーレンズで試し撮りをしてみた。
撮ったのは今の時期日没後に西の空に見えている木星(金星でも良かったけど、両サイドに衛星を従えている木星の方が面白かった)。
撮影時に高度が低く薄い雲がかかっていたので露出時間を短くすることが出来ず流れて写ってしまったのが下の写真。

500mmで撮った木星。

500mmで撮った木星。


絞り:8(固定)
シャッタースピード:2Sec
ISO感度:3200相当

元の画像サイズは5184×3456ピクセルで、木星を中心にした1024×768ピクセルの範囲を等倍で切りだしている。
本来ほぼ円形の筈の木星が左上から右下に向けての長円形になっている(左上と右下にかすかに写っているガリレオ衛星も流れている)が、これは地球の自転によるもので、天の赤道付近では1秒間に角度にして15秒(1度の240分の1)動いて見えているため。
上の写真の露出時間は2秒なのでその間に角度にして30秒移動していることになり、画面の対角線方向に移動しているとするとピクセル数で17ピクセル弱となる。
実際には木星が天の赤道上に位置しているわけでもないし完全に対角線方向に移動しているわけでも無いので、もうちょっと少なくなるがそれでも10ピクセル以上は移動していることになる。
うーん、もっと短い露光で済めばこんなに流れなかっただろうけど、この日の空の条件ではこれが精一杯で、これ以上は自動追尾装置付きの赤道儀でも無いと辛いかな?

いやぁ、それにしてもこのレンズ、ピントが凄くシビア。
撮影対象が惑星なので無限遠で構わないと思ったが、ピントリングを回しきると無限遠を超えてしまうのでその手前で止めなければならない・・・
ライブビューで拡大表示にして合わせたけど、結構厳しかったなぁ!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「ライカ Q」

カメラに興味を持ったことのある人なら「ライカ(Leica)」という名前を一度は聞いたことがあると思う。
後にフィルムカメラの基本となる35mmフィルムを使用するカメラを世界で初めて開発&市販した「エルンスト・ライツ社」が自社のスティルカメラに付けたブランド名で、その後紆余曲折があって現在はメーカー名になっている。

その「ライカ」はデジタルカメラも開発販売していて、もうすぐ新製品の「ライカ Q」を発売する。
この「ライカ Q」はコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)と位置付けられているけど、そのスペックは並のコンデジとは完全に別物。
画素数こそ2400万画素とコンデジとしては多い方だけど桁外れと言うほどではない。
その2400万画素の撮像素子のサイズがコンデジとしては大きくてなんとフルサイズ。
レンズ交換が出来ないのは並のコンデジと一緒だけど、そのレンズは単焦点の28mm f1.7と大口径の広角レンズを装備。
しかもこのレンズはAFとシームレスのMF操作が可能でしかも鏡筒部分で操作でき、さらにMF用にいくつかのサポート機能が搭載されている。
もうその辺で売られているコンデジとは全くの別物だ。
価格も桁違いで通販でも50万円台半ばと国産各社のフラッグシップ一眼レフ並み・・・
あー、でもこういうカメラにも憧れちゃうね・・・

ライカ Q (Typ116) ブラック 《6月20日発売予定》

ライカ Q (Typ116) ブラック 《6月20日発売予定》
価格:557,110円(税込、送料込)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

テレコンが届いた

昨日帰宅するとオークションで落札したテレコンバーター「N-AF 2X TELEPLUS MC7」が届いていた。
開封してみるとジャンク扱いとは思えないような良い状態。
朝になってからカメラに装着して試してみると、やはり暗いレンズではAFは厳しい。
試したレンズはこれまたジャンクで入手した「AF Zoom NIKKOR 28~80mm F3.3~5.6G」。
このレンズはワイド端でも開放F値が3.3と暗いので、KENKOが言うようなAFが使える”F2.8より明るいレンズ”ではない。
実際にAF動作をさせてみると一応動作はするものの、迷った上にピントがちゃんと合わないので、これならMFで撮影するほうがずっと楽。
フォーカスエイドも動作するが、これも信用してよいものかどうか(汗)。

このテレコンを落札したのは望遠系のレンズの焦点距離をさらに伸ばしたいからで、手持ちの望遠ズーム2本(「AF NIKKOR 70-300mm 1:4-5.6G」、SIGMA「70-300mm 1:4-5.6 APO MACRO SUPER」)でも試してみた。
どちらのレンズでもAFは使い物にならず、ワイド端で被写体の条件が良いときにはフォーカスエイドが効く程度。
どちらかというとSIGMAのレンズのほうがフォーカスを合わせ易かったかな。
AEも絞り値が2段分暗くなる関係か補正が必要で、それでも無いよりはマシと言う程度で、こちらもSIGMAのほうが合いやすかったか。

今は月が夜半過ぎにならないと見えないが、夕方に見えるようになったらこのテレコンを使って撮ってみることにしよう。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

テレコン

先日オークションでジャンク扱いのテレコンを落札していて、今日になって届いた。
モノはKENKOの「N-AF 2X TELEPLUS MC7」で、NIKONボディ用のAF対応テレコン。
”AF対応”と言っても絞りが2段分(例:1.4→2.8、4→8)暗くなるので、メーカー曰く”F2.8より明るいレンズで使用できます。”とのこと。
つまり単焦点か明るいズームレンズ以外ではAFは効かないと思った方が良いわけで、安価なズームはほぼ全滅かと。
それでもAEが使えるのはありがたいと思うので落札してみた。
なにせジャンクで手に入れたPENTAX用のテレコンはAFもAEも効かない完全マニュアルでの撮影になってしまう代物だったから、AEが使えるだけでもありがたいかな?
ウチにあるNIKON用レンズで明るいのと言えば50mm 1:2で、これに装着すると100mm F4相当ってことになるけど、これはMF用のレンズだからそもそもAFは効かないし、AEも絞り優先しか使えないからあまり意味が無いか。
もっと明るい50mm 1:1.4もあるけど、これは非AIレンズ、、、
AE/AF対応のレンズと言うと最近の暗いズームレンズしかないので、やっぱりAFは使えないか(汗)
でもまぁ、70-300mmが140-600mm相当(35mm換算で210-900mm)になるのはちょっと楽しみかも。
Kenko カメラ用アクセサリ テレプラス 2倍 MC7 DGX ニコンAF用 601235
B002C6K1FE
上は現行モデルの”DGX”で、なにが違うかと言うと”Exif情報が実際の焦点距離、絞り値(2段分大きい値)に変換され”ることらしい。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

久しぶりの天海珈琲

昨日は雨の予報が出ていたがなかなか降らず、かといって晴れたわけでもなく曇天からいつ雨粒が落ちてきてもおかしくない微妙な天気だった。
おかげでえこりん村のような外で楽しむようなところにも行けず、妻の意見で石狩(厚田)の天海珈琲にお邪魔した。
生憎の天候のせいか土曜日なのにお客さんの数が少なく、我々が着いた時には他に二組いただけだった。
早速珈琲をお願いして子供や景色(ガラス越しだけど)の撮影をしていたらほどなくして珈琲を持ってきて下さった。
その珈琲を頂いていたらご主人に少々相談を持ちかけられ、何故かOS(Windows7)が起動しなくなったと言うノートPCの面倒をみることに(笑)。
結局のところそのPCはハードウェアに異常は無く、Windows7の起動に必要なファイルが破損したかなにかでリカバリしか回復の手段が無かったので、その旨を説明してリカバリを行うことになった。
幸いPCはもう一台ありその機種のマニュアルをオンラインで表示するとHDDからのリカバリが可能(というか標準)だったので、マニュアル通りにリカバリツールを起動してリカバリを開始。
しばらく見ていたが異常は無さそうだったので後はお任せして私は淹れ直して頂いた珈琲をご馳走になり、子供もお店の中で結構遊んだのでお暇することにした。
お店を出るとそれまで曇に隠れていた太陽が顔を出し始めたので、思わず持って行ったカメラで何枚か撮影した中の一枚が下の写真。
使ったレンズは先日ジャンクで購入したNIKON純正の「AF NIKKOR 28-80mm 1:3.3-5.6G」。
14年も前に発売されたレンズなのに光源となる太陽をモロに構図に入れてこの写り・・・
意外と掘り出し物だったかも。

雲の合間の太陽を天海珈琲の建物脇から。

雲の合間の太陽を天海珈琲の建物脇から。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

さらにニコンの「Df」も・・・

一個前の記事に書いた格安のショップでは「EOS 5D Mark III」以外にもNIKONの「Dfレンズキット 50mm f=1.8G Special Editionキット」が通常価格256,972円のところ、なんと8万円台半ばのプライスタグが付けられている。
この「Df」は少し前に中古が17万円台で売られていてそれでも安いと書いたのに、レンズまで付いてその半額というのはにわかには信じ難い。
先日17万円台と書いた後で他のショップで同じく中古の「Df」が23万円ほどで売られていたのを見つけたのだからねぇ、、、
もし本当に表記通りの価格で新品を販売しているのなら凄くお買い得なんだけど、先の記事にも書いたようにどこにも新品とも中古品とも書かれていない(付け加えるならこの業者さんは古物販売の免許を取得している)。

このショップ、「EOS 5D Mark III」、「Dfレンズキット 50mm f=1.8G Special Editionキット」以外にもデジタル一眼レフが沢山あり、「PENTAX K-50」のダブルズームキットが色にもよるけど安いのは4万円以下とか、「EOS Kiss X7ボディ」が3万円強とかで並んでいる。
重ねて書くけど、これがもしも本当だったら凄いことだ。

試してみたいけど、かなり怖いなー(汗)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。