More from: カメラ

あれ?いつの間に入荷していたんだろう?

市内の中古カメラショップの在庫にPENTAXの「K-1」がある。
このショップの入荷情報は細目に見ていた筈なんだけど気付かなかったなぁ。
NIKONやCanonのフラッグシップ(「D5」「1DX2」)に比べると格安。
でも流石にフラッグシップ、中古とはいえちょっと手の出る価格じゃ無いねぇ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonはミラーレス用のフルサイズセンサーを開発中?

Canonがフルサイズのミラーレス機を開発中との噂があったが、今度はそのセンサーに関する噂が海外のサイトに掲載された。
それによると、噂のフルサイズミラーレス機に搭載されるセンサーは「5D4」のものでも「6D2」のものでない専用のセンサーになるということだ。
ミラーレス機となるとAFはCanonお得意のデュアルピクセルCMOS AFとなるのがほぼ確実だろうが、既に同方式を採用している両機種のセンサーではなく専用のセンサーを採用するということは、AF性能の向上が期待できるのではないかな?
この新センサーを採用するフルサイズミラーレス機は2018年中に発表されるということで、それより前にライバルのNIKONがフルサイズミラーレス機を出すとも書かれている。
来年が楽しみだね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONの「D5」と「D850」のAF性能比較

海外のサイトにNIKONのFXフォーマットのフラッグシップ機「D5」と最新のボディ「D850」のAF性能を比較した動画が掲載されていた。
この両機種はAFシステムが同じということになっているので、興味深く拝見した。
見ると同じAFシステム搭載とは思えないほどの差が見られるというのが私の感想。
動画で見る限り「D5」が「D850」を圧倒している様に見える。
ネットでの反応を見ても概ね同じで、やはりフラッグシップ機である「D5」のAF性能が上であるという声が多い。
理由ははっきりとは掲載されていないが、ボディの造りの差(機械的な精度や堅牢さに起因するミラー動作速度)であるとか、電源電圧の差であるとかいろいろと取り沙汰されている。
中にはDXフォーマット機の「D500」と「D850」の両方を同じレンズで使って”違いを感じない”という感想もあった。
だからといって「D850」が製品として悪いということにはならないけど、面白い検証だったな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonがフルサイズ(?)のミラーレスを開発中?

Canonが上級ユーザーをターゲットにしたミラーレス機を開発中との噂がある。
これはフルサイズのミラーレス機だと思われるが、そうなると気になるのはマウント。
EF-Mマウントだと口径が小さくてフルサイズのセンサーを収めることが難しい。
かといって新しいマウントを開発するとなるとレンズのラインナップを揃えるのが大変。
一番手軽なのはEFマウントそのままということだけど、これだとフランジバックが長いからボディの奥行きを小さく出来ない。
やはり大口径の新マウントを採用してEFマウントのレンズ用のアダプタも同時発売といったところかな?

でも、この手の噂って最近よく聞くなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 7D MarkIII」は30MPセンサーを搭載する?

海外のサイトにCanonのAPS-Cフラッグシップ機「EOS 7D MarkII」の後継機「EOS 7D MarkIII」には30MPセンサーを搭載するかも?という噂が掲載された。
発表は2018年中ということでスペックに関しての情報は信憑性が低いが、早くも一部で話題になっている。

高速連写機として需要のある現行機種だけに、後継機が高画素化しても連写性能は同等以上が求められるし、高速で連射するユーザーはシャッター速度を上げるために高感度を多用するとなると、高画素化は不安材料になってしまう。
ネット上でもこの点を不安視する意見が出ているんだけど、Canonはスペックをどの辺に落として来るのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

あれ?値上げ?

先週末に中古カメラショップに入荷したCanonの「EF 28-105/3.5-4.5 USM」が値上げされた。
今さっき売れていないか確認しようと販売ページを見ると、私が最初に見た時の3倍の値段になっていた。
相場を見て価格を変更したのかな?
うーん、見つけた時にすぐに押さえておけば良かったかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「悪い点:価格」って(笑)

SONYのEマウント用超望遠ズームレンズ「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」のレビューが上がっていた。
性能面の評価は非常に高く、解像力は100-300mmの間では解放からF11くらいまで、テレ端の400mmではF11とF16で中心部及び隅でほぼ最高レベル、中心部だけなら開放からF16まででほぼ最高レベルとなっている。
その他の評価軸(収差・歪曲等)でも素晴らしい性能との評価がされている。
総括では良い点は沢山あり、反対に悪い点は”価格”(のみ)となっている。
そりゃまぁネット上の販売価格でも30万円弱からのレンズだからなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS [SEL100400GM] 《納期約2週間》
価格:285100円(税込、送料無料) (2017/9/25時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

富士フィルムが「XT-100」を開発中?

富士フィルムが新機種「XT-100」を開発中との噂が海外サイトに掲載された。
モデル名から考えると同社の一眼レフデザインのミラーレス機の最下位モデルと思われるが詳細は一切不明。
現在のラインアップは「X-T2」「X-T20」と桁数の少ないモデルが上位機種なので、「X-T100」は「X-T20」の下位に当たるモデルと思われ、そうすると価格は「X-T20」のよりも低く抑えなければならない。
となるとボディのみの価格は「X-T20」の市場価格である8万円台半ばよりも低い6-7万円台もしくはそれ以下と予想される。
うーん、ターゲットはどの辺りを考えているのかなぁ???
単純に「X-T20」のスペックダウン版で海外専売モデルなんてことはなかろうな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

水星が写っていた

今日の早朝に水星と金星を撮りに外に出て空を撮影していた。
金星は比較的高い位置にあり、さらに光度もマイナス3.9等級と明るいのですぐに見つけることが出来たが、水星は低い位置で光度もマイナス1.1等級と均整に比べると暗く(いや、それでもすごく明るいほうだけど)夜明け直前の明るくなってきた空では肉眼で見つけることは出来なかった。
後から撮影したデータを見ていると、その中の1枚に水星が写っていた。

今日(9/23)の早朝に撮影できた水星(白丸の中)


写っていたのは日の出の数分前に駄目元で撮った中の一枚。
空が明るくなってきたので暗めになるように撮ったのが幸いしたのかなんとか写ってくれていた。
予想より少し低い位置だったので気づかなかったなぁ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。