More from: カメラ

「EOS 6D Mark II」の価格は先代よりも下がる?

Canonのエントリーフルサイズ機「EOS 6D」の後継機種「EOS 6D MarkII」の価格に関しての噂が出始めた。
それによると北米地区での価格はボディのみで1,999ドルと先代よりも100ドル安いとのこと。
先代より安くなるという点だけを取ると好ましいことだけど、これはあくまでも北米での価格。
昨年発売になった上位機種の「EOS 5D Mark IV」は海外での価格から予想されたよりもかなり高い初値が付けられていたので、今回も安心は出来ないと思う。
しかも先代発売時と現在の為替相場がかなり違っていて今の方が円安になっていることも忘れてはならない。
ただ、その「EOS 5D Mark IV」も現在の実売価格が33万円からとなっているので、下位機種がそれをかなり下回らないと売れないと思う。
となると、高くても20万円台半ばが良いところでは無いかなぁ?
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4
B01KZ4XI36

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 6D MarkII」のスペックで

Canonのフルサイズエントリー機「EOS 6D」の後継機「EOS 6D MarkII(6D2)」がもうすぐ発表になる見込み。
ここに来てスペックもリークされてきて発表が近くなっていることを感じさせている。
そのスペックの中でネットで取り沙汰されているのが”4K動画は非搭載”という点。
もちろん、正式発表前なのでもしかしたら搭載されるかもしれないけど、今のところ非搭載という説が有力。
私自身は一眼レフで動画の撮影はしないので、特に4K動画機能が非搭載でも構わないのだけど、中には商品力の向上という面でも必須だと言い張っている人もいるし、AFシステムとしてデュアルピクセルAFを搭載するのに動画がFHDだけなのは勿体ないという意見もある。
たしかに安価に搭載できる機能であればあったほうが良いだろうけど、搭載することで価格が跳ね上がるなら価格競争力という点で不利になってしまう。
デュアルピクセルAFにしても動画のためだけに搭載されるわけでも無く、どちらかというとバリアングル液晶を活かしたライブヴュー撮影の為というほうが正解かも。
巷で4K4Kと言われているけど、実際に4K対応のディスプレイやビデオカメラが売れているかと言えばそれほどでも無い。
これは4K対応機器がまだまだ高価で普及価格帯にまで価格が落ちてきていないのと、放送では実験的にしか扱われていないためかと。
3年後の東京オリンピックまでにどれだけ普及するか判らないけど、今後も急激に普及することは無いんじゃないかなぁ?
だとすると、「6D2」には4K動画は搭載せず、次期モデル(6D3?もしくはフルサイズミラーレス?)にモデルチェンジする時に搭載すれば良いことかと。

なんにせよ、予想よりもかなり価格が高かった5D4の二の舞にならないことを祈るよ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKON100周年記念商品

ネットショップからNIKONの100周年記念商品の案内が来た。
カメラはNIKONのフラッグシップ機「D5」及び「D500」の100周年記念ロゴ入りスペシャルモデルや「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」の3本セット等。
その他にも双眼鏡や一眼レフ用のストラップ等、100周年記念のロゴの入った商品ばかり。
全て完全受注生産で、今を逃すと買えなくなる貴重なモデルばかりなので、「ちょっと記念に」と思うけど、どれもこれも高くて買えない(涙)。
案内を寄越した大手量販店での価格は次の通り。
「D5」:1,000,000円(税込み、以下同じ)
「D500」:350,000円
レンズ3本セット:1,000,000円
と手が出せないorz
長い目で見れば後年プレミアが付くようなものばかりなんだけど、”投資”には元手が必要なんだよねぇ・・・
Nikon ミニチュアカメラ ニコンF 100周年記念モデル(受注販売)
B072N5DQ34

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

8x30E II 100周年記念モデル
価格:70470円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 6D MarkII」と「EOS kiss X7」後継機はもうすぐ発表?

海外のサイトにCanonの新型一眼レフ「EOS 6D MarkII」と「EOS kiss X7」後継機は今月末に発表になるとの記事が掲載されている。
少し前には発表は7月後半とのことだったが、どうも早まったということらしい。
別のサイトにはバッテリーグリップの型番等のリーク情報が載っていたりするので、正式発表も間近と推測される。
スペックの予想も段々と精度が上がってきているらしい。
6D2に関して判っているのは、今のところセンサーは新開発の専用26MP、モニターはバリアングルの3型、AFはデュアルピクセルCMOS搭載でAFポイントは45点、厚みと高さが現行機よりも少々大きくなる、とされている。
価格に対する言及が見当たらないが、それは今後出てくるのだろう。
発売に関しては8月ということで、夏休みには間に合うかどうか微妙なところかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

レンズを修理に出した

AFが不調になったレンズ「17-50mm F2.8 DC OS HSM」を修理に出した。
こちらにはメーカーの窓口が無いので出した先は購入した大手量販店のサービス窓口。
そこからメーカーに回されるのでなんらかの結果が出るには2-3週間かかると言われた。
安く直ってくれるとありがたいなぁ、、、
あー、でも、直ってきたら代わりにと買った旧モデル(18-50mm F2.8 DC)が余ってしまうな(汗)。
サブ機の40Dに付けておくか・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS D8000」かぁ

市内の中古カメラショップにCanonの「EOS D8000」が入荷した。
標準ズーム(18-55mm IS STM)とのセット品で価格もそれほど高くは無い。

でもなぁ、どうもこの機種(と後継の「D9000」)には魅力を感じないんだよねぇ(汗)。
キットレンズの「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM」は良いなと思うけど、ボディには何故か惹かれるものが無い。
多分、位置付けが”入門機の一つ上”、というのが引っ掛かっているのかも。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

リュック・・・

職場の行き帰りに使っている鞄はリュックにしている。
そのリュックは雑誌(smart等)の付録で、正直言って強度が足りない。
昨年の秋に買った号の付録のは3ヶ月ほどで肩紐の縫い付け部分が駄目になり妻に直して貰ったが、今度は上部のフラップの根元が裂けてきてしまい使えなくなった。
今使っているのは今のところ壊れていないけど、肩紐が使い難いので使い易いのを探していて、時々ショッピングモール等に行ったりすると並んでいるのをチェックしている。
時々良さそうなのはあるんだけど、そういう商品は揃ってよい値段が付いている。
ネットで探してみるとサンワサプライからA4ノートも収納出来る(=それなりの重さにも耐えられると思われる)商品があった。
内容量の違いで種類があるようだけど、私的には中間の下記の商品が良さそうに思える。
インナーバッグに入れた一眼レフとバッテリ類等を入れるので、最低でも3-4KgにはなるがA4ノートや書類等を入れることが前提のこのリュックなら耐えてくれるものと期待したいな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

修理に出してみようかなぁ?

先だって落下させてしまいAFの調子が悪くなったレンズ「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」。
買ってから1年も経っておらず勿体ないので販売店に修理に出すことを検討中。
新品を買うよりも安く直るようなら直して貰おうかなぁ・・
SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545
B003A6H27K

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シグマ 17-50mm F2.8EX DC OS HSM キヤノン用
価格:28050円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「B003」が売れたか

市内の中古カメラショップに入荷していたTAMRONの便利ズーム「AF18-270/3.5-6.3 DiII VC(B003)」が売れたようだ。
CanonのEFマウント対応だったので気になっていたけど、AFがDCモーター駆動のモデルということもあって買うまでは行かなかった。
どうせ買うなら下の「AF18-270/3.5-6.3 DiII VC PZD(B008)」のほうが良いと思う。
こちらも少し前に入荷していたんだけど、割と早くに売れてしまっていたんだよなぁ、やはり人気があるのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスの「12-35mm F1.8-2.4」が気になる

海外のサイトにオリンパスの「12-35mm F1.8-2.4」というレンズに関する特許についての記事があった。
その記事によると、「12-35mm F1.8-2.4」は沈胴式でF1.8という明るさでも大きさは現行の「9-18mm F4.0-5.6」と同程度のサイズということにびっくり。
特許はレンズ固定式及び交換式両方に対応するものらしいので、これが本当なら(価格にもよるけど)今の標準ズームから乗換えたくなるね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。