More from: カメラ

レンズをどうしようかな?

明日は子供の運動会。
予報では雨の心配はほぼ無さそうなので、実施は間違い無いだろう。
そこで悩んでいるのがカメラのレンズ。
常用ズームとしていたSIGMAの「17-50㎜ F2.8 EX DC OS HSM」は現在修理中で、今は替わりに旧モデルの「18-50mm F2.8 EX DC」を付けている。
運動会なので長めのレンズも必要かとも思うが、手持ちで長いのはTAMRONの70-300mm(A005)。
EFマウント以外なら100-300mmとか80-320mmなんてのもあるけど、どれも古いレンズでAFが遅い等で使い難い。
会場が小さいのでそれほど長くなくても良いかな?とは思うけど実際にはどうなんだろう?
それと、標準ズームでも手ブレ補正が無いので、この際40Dに付けている「EF-S 18-55mm 3.5-5.6 IS STM」(屋外だから多少暗くてもSSを稼げるかも)を使うというのもありかも?
うーん、悩むなぁ、、、
会場(屋外)でレンズ交換をするのも不安だし、こういう時は便利ズームがあればなぁ、と思う。
いっそのこと60Dじゃなくて、D7000にSIGMAの18-200mmを付けて持って行こうか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 70D」が入荷だと?

札幌市内の中古カメラショップにCanonの「EOS 70D」が入荷した。
現行モデルの「EOS 80D」よりは古いとはいえ、私の持っている「EOS 60D」よりは一世代新しいモデル。
センサーの画素数も増えているし、最大感度も常用で12,800まで(60Dは6400まで)と1段上がっている。
AFの微調整も可能になっているし、ライブビュー時のAFがデュアルピクセルAFになっている。
まぁライブビューはあまり使わないんだけど、AFの微調整が可能なのは羨ましい。
うーん、60Dを下取りに出してでも欲しいけど、いきなりはちょっと辛いなぁ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」はなかなか良さそう

NIKONのDXフォーマット用広角ズームレンズの新製品「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」のサンプル画像が公開されている。
見たところ周辺の画質も悪くなく、F8位まで絞ると全体的に良い感じ。
ズーム域や開放f値は私の持っているSIGMAの「10-20㎜ f4-5.6 EX DC HSM」と似ている(ワイド端の開放f値がちょっと暗いだけ)が、VRが付いているのが羨ましい。
「広角に手ブレ補正なんて要るの?」という声もあるけど、暗い室内で手落ち撮影する時は必要かなとも思うので、無いよりあったほうが良い。
価格も3万円台と安いので一本欲しくなるけど、私の持っているボディ(D7000、D40)ではAF-Pレンズは使えないorz。
この際「D3400」辺りを追加する?(ないない)。
Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用
B0714QYH71

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 6D Mark II」の写真とスペックがリーク

軒下デジカメ情報局にCanonの「EOS 6D Mark II」の写真とスペックが掲載された。
掲載されたスペックによると、常用最高感度は「EOS 5D Mark IV」を上回る40,000(拡張で102,400)、連写速度は6.5コマ/Secと予想を超える数値になっている。
センサーは噂通り2620万画素ということで新開発センサーの模様、背面液晶もバリアングル、AFにはデュアルピクセルAF搭載や45点クロスの測距点等も噂通り。
Wi-Fi・BluetoothやGPSも搭載となっていて現行モデルからかなり進化している。
写真を見るとシャッタースピードは最高1/4000と思われ、これは5D4と差別化されている。
ペンタプリズム部の外装が独立している様に見えるのでストロボが内蔵されたか?という声もあったが、ポップアップ用のボタンが見えないので現行同様非搭載と思われる。
ペンタ部の分割線はGPSのアンテナを内蔵したためにここだけ電波を透過する素材にする必要があったためかと。
一緒に写っているレンズは「EF 24-70mm F4L IS USM」で、これがキットレンズとなるのか?

うーん、正式発表は6/29(をを!あと一週間だ)と言われているので、後は価格が気になるところだね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

直ってくるのかなぁ?

先だってレンズを修理に出してから10日ほど経った。
預けた販売店からは未だになんの連絡もないが、元々2-3週間かかりますよということだったので、まだしばらくはかかるのだろう。
出来れば今週末にも使いたかったけど、この分じゃ来月になっても仕方ないかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

TAMRONの新高倍率ズームのスペック

先日噂に出て来たTAMRONの高倍率ズーム「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」のスペックがリークした。
それによるとレンズ構成は11群15枚、最短撮影距離は45cmで最大撮影倍率は1:2.9、気になる手振れ補正は3.5段分とのこと。
フィルター径はリーク写真から見えたように72mmと意外と小さい。
本体のサイズもテレ端が400mmのズームとしてはコンパクトで最大径x長さは79mm×122mm(最大長は不明)。
重さも726gということなのでこの手のズームとしては軽量。
北米での価格が649ドルということは現在の為替レートで約72,300円と比較的安価。
現行モデルの16-300mmと比べるとワイド側が長いけどテレ側が100㎜長いので、テレ側を主に使う人で300mm付近の画質に不満がある人辺りには魅力的に見えるかと。
ここまでの情報が出て来たということは正式発表は今週中かな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

TAMRONがまた高倍率ズームを発表?

軒下デジカメ情報局にTAMROMの「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」の写真が掲載された。
海外のソースから提供されたということで、発表も間近らしい。
型番からもAPS-C用で手振れ補正付きということが判るが、反対にそれ以外のことは判らない。
VCの効きが何段分なのかが気になるところ。
フィルター径は72mmらしいということは、それほど大きくは無さそうだけど、テレ端までズームした時の長さはどれくらいになるのだろうか?重さはどれくらい?
TAMRONが現在販売している16-300mmや18-270mmやSIGMAの18-300mmと比べて画質あAFの速度等はどうなるのかも気になるところ。
まぁ便利ズームに画質を求めるのもなんだけど、あまりに酷いと使う気になれないからね。
そこそこの画質で撮れるんだったら屋外でのイベントや、子供の運動会等にはぴったりのレンズになるだろう。

それにしても400mmかぁ、かなり気になる製品だな(汗)。
ちょうどEFマウント用の便利ズームが欲しいと思っていたところにこんな製品を出して来るとは(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

レンズも気になるのが入っているなぁ

「EOS-M3」が入荷した中古ショップにEFマウント用の便利ズームも入荷している。
SIGMAの「Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」とTAMRONの「18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD(B018TSE)」がその二本。
どちらもEFマウント用の便利ズームで人気のモデル。
私も時々便利ズームが欲しいと思うシーンがあるが、画質面で不安があってイマイチ手を出しかねている。
子供の運動会も近いし一本行っときたいなぁ(汗)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS-M3」が入ってる・・・

札幌市内の中古カメラショップにCanonのミラーレス機「EOS-M3」が入荷している。
少し前にもどこかのショップに入荷したと思ったら即座に売れていた人気モデル。
初期の「EOS-M」に比べるとAFシステムに「ハイブリッドCMOS AF III」を採用しAFが高速化されたのが魅力的なモデル。
ちょっと気になるけど、またマウント増やすわけにもいかないしなぁ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS Kiss X7」の後継機ももうじき発表か?

Canonのエントリー一眼レフ機としてロングランモデルになっている「EOS Kiss X7」。
小型軽量ということと、発売から時間が経って価格も非常にこなれたものになっていて今でも人気商品。
上位モデルの「EOS Kiss X7i」は既に2世代後のモデル「EOS Kiss X9i」が出ているのに比べるとモデルチェンジされるのが遅れている。
エントリーモデルで発売されてから4年以上も現役というもの珍しい・・・

その「EOS Kiss X7」の後継機の噂は何度も出ているが、今度はフルサイズ機の「EOS 6D MarkII」と同時に発表されるのではないかと言われている。
スペックもリークされていて、センサーは24MP、エンジンはDigic7、背面モニターは3インチのバリアングル、AF測距点は45点でデュアルピクセルAF搭載となっていて、これで世界最小最軽量を実現となっている。
コマ速とかシャッタースピード等は不明だけど、エントリー機にその辺の性能を求めても仕方が無いような・・・
バリアングルモニターでデュアルピクセルAF搭載ということは、ライブビューでの撮影や動画撮影に向いていて、小さな子供を撮るには便利そう。
価格次第だけど、ここまでのスペックなら中級機は要らないかもね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。