More from: カメラ

「LAOWA 9mm F2.8 Zero-D」

APS-Cミラーレス機用の超広角単焦点レンズが発売予定。
「LAOWA 9mm F2.8 Zero-D」という製品で、対応マウントは”EF-M””E””X”と国産のAPS-Cミラーレス機を網羅している。
焦点距離9mmというのも凄いけど、”Zero-D”というモデル名にあるように開放でf2.8の明るさでありながらディストーションが殆ど無いという点が凄い。
うーん、面白そうなレンズだとは思うけど、対応カメラを持っていないな(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

週明けにもCANONが新製品を発表か?

最近になって情報が出てきているCANONの廉価版デジタル一眼レフやEVF付きミラーレス機のエントリーモデルは週明けにも正式に発表されるかもしれないらしい。
廉価版デジイチは先だってもここに書いた「EOS 2000D」で、国内では「EOS Kiss X90」となりそう。
「EOS M-50」と言われたミラーレス機は「EOS Kiss M」となるらしい。
「EOS Kiss X90」は「EOS Kiss X80」の後継機種、「EOS Kiss M」は新しい製品ラインアップとなるようで、位置付け的には「EOS M5」の下位機種となるのだろうが、スペック的に一部は「EOS M5」を上回る部分もあるので、この辺りをどうするのか?
「EOS Kiss X90」は今更な感もするけど、「EOS Kiss M」のほうはちょっと気になる。
現在、「EOS M5」の15-45mmレンズキットが10万円程度からの価格で販売されているので、下位機種となるとこれを下回ってくるのだろう。
スナップ用に気軽に持ち歩ける軽量ミラーレス機ならちょっと欲しいかも(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CANON デジタル一眼カメラ EOS M5 EF-M15-45 IS STM レンズキット
価格:96792円(税込、送料無料) (2018/2/24時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今度は「EOS 2000D」?

先日、CANONのデジタル一眼レフの廉価モデルと思われる「EOS 4000D」の写真がリークしたが、今度は「EOS 2000D」の写真が出て来た。
同時にリークされたスペックを見ると、センサーが24MPのものになっているが、映像エンジンはDIGIC4+で同じなので、こちらも廉価版モデルと思われる。
それにしては背面液晶が3型だったり金属マウントだったりして「EOS 4000D」よりも高級品っぽく見えるので、こちらが国内では「EOS kiss X80」(海外では「EOS 1300D」)の後継として発売されるのかも?
セットされているレンズが「EOS 4000D」とは違って「EF-S 18-55m 3.5-5.6 IS II」なのは面白いな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS M-50」の詳細スペック

情報系サイトにCANONのミラーレス一眼の新製品「EOS M-50」の詳細スペックが掲載された。
それを見るとデュアルピクセルCMOS AFを進化させたセンサーを搭載し、手ブレ補正もレンズ側に加えボディ側にもセンサーを搭載したデュアルセンシング型になっている。
記録フォーマットもCR3 RAWフォーマットとC-RAW圧縮フォーマットに対応する等、かなりの部分で進化している。
さらに外装色は黒に加えて白もあり、面白いことに重さが3gほど白の方が重くなっている。
モデル名から「EOS M-5」の下位にあたると思われるが、それでこのスペックなのは凄いねぇ。
ここまでのスペックが出て来たということは、非常に近い内に正式に発表されるかと。

一台欲しくなってしまうけど、そうそう簡単には買えないね(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 4000D」の写真がリーク

CANONのデジタル一眼レフの新製品と思われる「EOS 4000D」(輸出名)の写真がリークされた。
モデル名から輸出用で国内ではkissの新型かな?と思ったが、写真を見ると「EOS kiss X80」よりも下位クラスのモデルのようだ。
スペックも18MP、DIGIC4+でほぼ「EOS kiss X80」と同程度だけど、背面液晶が3->2.7型と小型化され、マウントもプラスチックになっている。
その分(だけじゃないだろうが)軽くなり、X80比で約50g軽量化され436gとなっている。
ということは、海外専売の最廉価モデルということかな?
もしも国内で発売するとしたら、ボディのみで4万円を切らないと売れないんじゃないかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Canon[キヤノン] EOS Kiss X80 ボディ【全国送料無料※一部を除く】
価格:48640円(税込、送料無料) (2018/2/22時点)

一緒に写っていたレンズは「EF-S18-55 IS III」と書かれていたので、X80のキットレンズ「EF-S18-55 IS II」のマイナーチェンジ版かと。
現在はSTM化された「EF-S18-55 IS STM」があるので、最下位グレードのレンズとなる。
徹底的にコストダウンを図った廉価版だねぇ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「K-1」のアップグレードサービスが発表された!

リコーイメージングが新製品「PENTAX K1 Mark II」を発表したのと合わせ、現行機種である「PENTAX K-1」のアップグレードサービス実施を発表している。
私が前に書いたようにメイン基板の交換を行い、機能的に「K-1 MarkII」と同じにするというサービスだ。
交換するのはメイン基板の他に”SR”のエンブレムも”SRII”に交換される。
製品ロゴは交換対象では無いので、「K-1」なのか「K-1 MarkII」なのかは区別が付き新型ユーザーにも配慮しているようだ(まぁ、これを交換するとなるとボディ外装の交換になるし)。
アップグレード費用は54,000円で、同社の修理担当窓口への持ち込むか又は送付する必要がある。
受付期間は2018年5月21日~2018年9月30日。

いやぁ、一昨日(2/20)の記事に書いたけど、本当にやってくれるなんて、、、それにこんなに早くに発表されるとは思わなかったよ(汗)。

これで「K-1」ユーザーで「K-1 MarkII」に買い替える人はかなり減りそう、ということは中古市場への流出も期待できなくなるな、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「PENTAX K-1 Mark II」が正式発表された

リコーイメージングは噂になっていたフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Mark II」を正式に発表した。
現行機と異なるのはイメージセンサーにアクセラレータを追加し、最高感度をISO819200までアップしたことと、「ダイナミックピクセルシフトレゾリューションモード」と称する手持ちでの「リアルレゾリューション」撮影を可能にした「リアル・レゾリューション II」を搭載したこと。
ハードウェア的に異なるのはアクセラレータの追加のみらしいので、その他の機能はファームウェアの更新で現行機でも対応出来そうな気はする。
まぁ、リコーがファームアップによる「K-1」の「K-1 Mark II」化を実施するかは不透明だけど・・・
北米での価格は事前の情報通り、ボディのみで1999.95ドル、D FA28-105mm F3.5-5.6とのキットで2399.95ドル、発売は4月となっている。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

CANONの新型ミラーレス機の写真がリーク

デジカメの情報サイトにCANONの新型機の写真がアップされた。
アップされたのは「EOS M-50」とされる機種で、モデル名からは同社の「EOS M-5」の下位に当たる機種とも思える。
スペックもアップされていて、それによると映像エンジンがDIGIC8になり、動画も4Kとなるようだ。
連写速度も向上していて、単なる下位モデルでも無さそう。
写真では「EF-M 15-45mm」を装着しているので、マウントは噂されている新マウントではなく、従来通りのEF-Mマウント。
ここまでの情報が出てきているのだから、発表はもうすぐ(今週中?)かも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「K-1 Mark II」の写真がリーク!

先日からスペックがリークされる等、近々発表になるのでは?と噂になっていたPENTAX「K-1 Mark II」の写真がリークされた。
その写真にはしっかりと「K-1 II」とのロゴマークがあるので、間違いなく「K-1 Mark II」なのだろう。
ロゴ以外の部分は「K-1」そっくりなので、先日の噂の様にアクセラレータの追加程度のマイナーチェンジだと思われる。
だとすると、アクセラレータ―以外はファームウェアの更新で「K-1」にも同等の機能を搭載可能ということかな?
さらに、アクセラレーターを搭載した基盤への交換サービスを有償で行うようにすれば、「K-1」ユーザーには喜ばしいことになるだろう。
#過去にNIKONが「D70」の「D70s」同等改造(リモートコード用端子増設)を行ったように。
そうした場合、「K-1」ユーザーの「K-1 Mark II」への買い替えは減るだろうけど、新規ユーザーの獲得にもつながるのではないだろうか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

CANONがセンサーシフト式の手振れ補正の特許を出願してる・・・

先週のことになるが、CANONのセンサーシフト式手振れ補正の特許が出願されているというニュースがあった。
出願書類に載っている図を見ると、3軸の加速度センサーと同じく3軸の角速度センサーが搭載されている。
ということは、オリンパス同様5軸の手振れ補正が可能ということになりそう。
図面はコンデジの様にも見えるが、他にも噂されているミラーレスkiss辺りに搭載してくるのかな?
将来的には一眼レフ機への搭載も視野に入れているんだろうか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。