More from: カメラ

「D60」が来た

先日思わず入札して落札してしまったデジタル一眼レフ「D60」が届いた。
ボディのみとのことだったけど、箱を開けてみると純正のソフトケースに入っていた。
その他は何も付属しておらずボディキャップすら無い状態。
動作も未確認とのことだったので、早速手持ちのバッテリー(「D40」用の予備に買った「EN-EL9」)を入れて電源SWを回すと無事に起動。
とりあえず非Aiの50mm 1:1.4を付けてみると問題なく装着でき、マニュアルモードでシャッターは切れた。
レンズをCPUレンズに替えてSDHCカードを入れ、撮影モードをプログラム(P)にして試し撮りをしてみると、なぜかシャッタースピードが異常に遅くなる。
故障か?と思ったが原因は露出補正が何故か+3になっていたからだったようで、+-0にしたら概ね適正露出になった。
内蔵時計の時刻は初期化された状態だったけど、露出補正が+3のままだったのが謎。
細かいところでは、USB端子が破損していて使えないように見えるけど、このカメラをPCに接続したり、リモートスイッチを使うことはまず無いだろうから支障は無い筈。
とにかくジャンク品で動作するかどうかも分らなかったのが無事に撮影可能だったので良かったな。

それにしても「D40」といい、この「D60」といい、とにかく小さいなぁ。
18-55mmの標準ズームが異常にでかく見えるよ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

思わず・・・(汗)

昨夜、ヤフオクを覗いたらNIKONの「D60」が出ていてしかも安価。
思わず入札したらそのまま落札してしまった。
ジャンク扱いなので動作するとは限らないけど、どんな状態なのかちょっと楽しみ。
無事に動作するようなら「D40」同様に非Aiレンズ用になるかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

売り切れてたorz

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

microSDHCカード を メモリースティックProDuo へ 変換アダプタ
価格:250円(税込、送料無料) (2018/6/9時点)

上は昨日の記事で紹介したMicroSDHCカードをメモリスティックに変換するアダプタ。
送料込みで250円と格安だったのでオーダーしようと思ったらなんと売り切れていたorz
仕方ないから次に安いのを買おうか・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

こんなアダプタで十分か

先日手元に来たSONYのデジカメは記録メディアが全てメモリースティックDUOorメモリースティックProDUO。
手持ちに無いので、使うには新規での購入が必要だけど、今更新品のメディアを買うのもなんだなぁ?ということで探してみたらありました。
見つけたのはMicroSDHCカードをメモリースティックProDUOに変換するアダプタ。
確か1GB-2GB程度のMicroSDカードが余っている筈なので、このアダプタに入れたら使えそう。
それにしても安いねぇ、、、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

microSDHCカード を メモリースティックProDuo へ 変換アダプタ
価格:250円(税込、送料無料) (2018/6/8時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

4GBまでか

手元に来た旧いデジカメ「DSC-T1」に入っていたメモリスティックの容量が32MBと512MB。
今時MB(メガバイト)単位のメディアというのも・・・(汗)。
調べてみると、この機種は4GBまでは対応しているとメーカーサイトの対応表には書かれているので、比較的容易に入手できそうだな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント20倍】ソニー メモリースティックPRO DUO 4GB MSMT4G
価格:3700円(税込、送料別) (2018/6/6時点)

もう1台の「DSC-T20」のほうは32GBまで行けそうなので、動画を撮るには良いかも?(1ファイル当たりの容量は2GBの制限ありとなっている)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

あれ?動いたよ(汗)

現場から送られて来たデジカメ「DSC-T20」のバッテリーが充電出来ないと思っていたが、再度試したところなんとか充電が始まった。
どうも充電器の接触が良くないらしく、バッテリーを装着して何度か端子側に押し込んでやると充電インジケーターが点灯した。
そのまま1-2時間放置してからカメラに装着して電源を入れると無事に起動。
設定は全て初期値に戻っていたが、設定して試してみると撮影可能でストロボも点灯した。
メディア(メモリースティック)が小容量のしか無いけど、画素数が8Mピクセルもある(EOS 20Dと同程度)のでメモ程度の撮影なら十分すぎる。
何と言ってもボディが凄く小さい(89.7×高さ55.7×奥行22.8mm)ので、ポケットに入れて持ち歩くには良さそうだ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

バッテリーが駄目か・・・

現場から送られて来た荷物の中にあったデジカメは3台。
3台ともSONYの製品で、「DSC-T1」が2台と「DSC-T20」が1台。
この内、「DSC-T1」2台は充電用クレードルとメモリースティックも付いていて、そのままでは電源は入らなかったが試しにクレードルに載せてコンセントにつなぐと充電が始まり、その状態でカメラ本体の電源も入った。
さすがに日付等の設定は消えていたが、設定し直すことで通常通りの動作は可能なようだ。
反面「DSC-T20」の方はバッテリーを充電器に入れてコンセントに差し込んでも充電インジケーターが点灯せず、バッテリーの端子で電圧をあたってみても0Vのままなのでバッテリーが駄目になっているみたい。
「DSC-T20」のほうが新しいんだけど、わざわざ新しいバッテリー(まだ売られている)を買うまでも無いのでこのまま廃棄だな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

フードを探すか・・・

先日届いたCanonのレンズ「EF-S 18-135mm 3.5-5.6 IS」が無事に使えることが判ったので、それに合うレンズフードを買うつもり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

9823A001 EW-73B レンズフード:キヤノン
価格:3499円(税込、送料別) (2018/6/2時点)

純正品でもそれほど高い物じゃないんだよなぁ・・・
あと、67mm径のプロテクターも探さなきゃ・・・家に余ってなかったかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

レンズが来た

先だって落札したレンズ「EF-S 18-135mm 3.5-5.6 IS」が届いた。
見ると外観も光学系も綺麗なもの。
僅かにチリが入っているのが見受けられる程度で状態はかなり良かった。
早速手元の40Dに付けて試写してみたところ、コントラストの低い被写体だとAFが結構迷う。
AFも不調かと思ったが、60Dに付けてみると同じ被写体でもAFが迷わないので、レンズ側には問題は無いのかも?
さらに”IS不良”ということだったけど、元々CanonのISはTAMRONのVCほどはっきりとは像が止まらない。
そこでISのON/OFFを切り替えながらファインダーを覗いていると、ON時はカメラを揺らした際に像の動きが不自然になるので、もしかしたらISが効いているのかもしれない。
これはもしかしたら当たりだったのかも?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

9823A001 EW-73B レンズフード:キヤノン
価格:3499円(税込、送料別) (2018/6/1時点)

だとするとフードも買わないとな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 1v」の出荷が終了

CANONのフィルム一眼レフカメラ「EOS 1v」の出荷終了がアナウンスされた。
これから同機種を買おうとする場合、流通在庫か中古を探すしかないということになった。
これで国内主要メーカーのフィルム一眼レフカメラはNIKONの「F6」及び「FM10」の2機種のみとなった(つーかまだ2機種もあるんだよね)。
「EOS 1v」の生産自体は2010年に終了していたとのことなので、これまで8年に渡って出荷されていたというのも凄いと思う。
一体、どれくらいの在庫量があったのだろうな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS-1V ボディ
価格:230030円(税込、送料別) (2018/5/31時点)

国内メーカーのフィルムも無くなりつつある現在、フィルムカメラの文化も先が見えてきたような・・・
私も「PENTAX ME」を持っていて、まだまだ動作はしているものの使うことは無いだろうなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。