More from: カメラ

「EOS 6D Mark II」は来年の春まで出ない?

デジカメinfo.にCanonのフルサイズ入門機「EOS 6D Mark II」は2017年の春になるのではないかという記事があった。
この”春”というのが何月頃を指しているのかは不明だけど、年明けすぐには出てこないのだろう。
スペックの情報としては撮像素子が25MPになり、多少小型化されるという。
このクラスはスペックよりも価格が気になるところ。
今年発売された上位機種の5D4がかなり高価になったから、この6D2も高くなるのかなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスの「E-M1 Mark II」の価格と発売日

オリンパスのミラーレス一眼の新製品「E-M1 Mark II」の価格と発売日が出て来た。
明日11/2から予約の受付が始まり、発売は12月下旬の予定。
価格はボディのみで235,000円前後(税込)ということで、大方の予想をかなり上回っている模様。
とりあえず様子見で、半年くらい経って価格が落ち着いたころに買う人が増えるのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

リコー「THETA」の新型

リコーの全天球カメラ「THETA」シリーズに新型が出た。
「THETA SC」という製品で、「THETA S」とほぼ同等のスペックをより軽量化したボディに収めた製品。
重量が102gと125gの「THETA S」より18%ほど軽くなっている(サイズそのものはほぼ同等)。
撮像素子や光学系はほぼ同等(静止画のシャッタスピードは最高1/6400秒から1/8000秒に高速化)だけど、「THETA S」にあったライブストリーミング機能は省かれている。
内蔵ストレージ容量も同じ8GBほど、バッテリーも容量こそ公表されていないが撮影可能枚数が260枚と変化無し。

職場の別部署で「THETA S」を何台か使用していて、一日にかなりの枚数を撮影している。
その際に現場の声として上がって来たのが撮影可能枚数の少なさだったので、この点が改良されていないのは惜しいところ。
メーカーの営業さんには何度も言ったんだけど、活かされなかったんだなぁ、、、
まぁ、少なくとも今の倍は欲しいというのは無理があったかな(汗)。

大手量販店での価格が1万円ほど安くなっている点は魅力的だな。
RICOH デジタルカメラ RICOH THETA SC (ブルー) 360°全天球イメージ撮影デバイス 910743
B01M3O1FTK
RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720
B014US3FQI

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」

市内の中古カメラショップにCANONの超広角ズームレンズ「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷している。
超広角ズームはSIGMAの「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」を持っているが、Fマウント用なのでEFマウント用の広角ズームも欲しいかな?と。
今回入荷した「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」はテレ端が2mm長いのと、ワイド端の解放f値が3.5と少し明るいのが魅力的。
SIGMAの「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」も良いし、同じショップにEFマウント用があるんだけど、新型のF3.5通しのモデルもあるので、そちらと迷うところ。
ただ新型は市内で中古が見当たらない(新品で買ってもそれほど高くは無いけど、今回入荷したCANON純正よりは高い)。
「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」があれば広角から望遠域までCANONでカバーできるようになるなぁ、、、
Canon EFレンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM デジタル専用 ズームレンズ 超広角
B0002XNRFU

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

台湾NCCにCANONの新型と思われるデジタル一眼レフカメラが登録された。

台湾NCC(台湾で無線機器の認可を行う機関)にCANONの製品が何種類か登録された。
中に2つほどデジタル一眼レフカメラがある。
機器の詳細は不明だけど、これらが新型のデジタル一眼レフだとすると、どの機種なのだろうか?
ネット上では「EOS 6D MarkII」、「EOS kiss X8」辺りではないかと推測する人が多いが、中には「EOS 8000D」の後継とみている人もいる。
昨年(2015年)4月発売の「8000D」はモデルチェンジには早いけど、2012年11月発売の「6D」と2013年4月発売の「Kiss X7」は十分に考えられる。
特に毎年のように新型に切り替わっていた「Kiss(i無し)」は3年以上モデルチェンジが無かったので、遅すぎるモデルチェンジかも?
「6D2」も少々遅いけど、今年は「1DX2」と「5D4」が出たから仕方ないかと。
「6D2」がどんなスペックになるかも気になるけど、フルサイズ入門機としてどのくらいの価格帯で出てくるかが気になるところだな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今度はPENTAXの「K20D チタンカラープレミアムキット」が入荷か・・・

市内の中古カメラショップにPENTAXのデジタル一眼レフ「K20D チタンカラープレミアムキット」が入荷した。
「K20D」のボディカラーをブラックからチタンシルバーに変更し、同色のバッテリーグリップをセットした商品で限定1000セットが販売されたちょっとしたレア品。
発売は「K20D」の発売からおよそ1年後の2009年4月だが、スペックは「K20D」と同等でこの少し後に後継機の「K-7」が発売になっている。
私も一時期「K20D」を使っていたことがあり(2015年に東北に家族で旅行した時に持って行った)、手放してしまった今でも再度買い直すことも考えたりすることもある。
とはいえ今回の「K20D チタンカラープレミアムキット」は限定品ということもあって少々プレミアムの付いた価格となっている(それでも安いとは思うけど)ので、買うことは無いだろうなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS Kiss F」が売れたらしい

10/9付の記事”「EOS Kiss F」が入荷”に書いた中古が売れていた。
入荷した中古カメラショップの在庫をチェックしたところ売れたことになっている。
発売から8年半経ったカメラだけど、標準ズームレンズ付きで安価だったし、サブ機として使うには十分だったからなのかも。
大体、私が持っている中級機(20D、40D)より新しく、画素数や映像エンジンは「40D」と同じなんだよなぁ。
ボディも小型軽量だしスナップ用に持ち歩くには良いのかも。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS Kiss X7」のレンズキットが入荷したか

札幌の中古カメラショップにCANONのエントリー一眼レフ「EOS Kiss X7」のレンズキットが入荷している。
キットレンズは標準ズームレンズの「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」のみで望遠ズームも付くダブルズームキットではない。
私としては今更買う必要もないんだけど、レンズだけは「40D」「20D」用にあっても良いかな?
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK
B00BXVR7VK

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

動画の撮影は出来るんだ・・・

先日ミラーレス一眼「E-PL2」を落としてしまいレンズはマウントが外れフィルムケーブルが千切れてお亡くなりになってしまった。
ボディのほうはそれほど傷も無く電源も入るので大丈夫かと思ったが、他のレンズを付けて試してみるとAFは効くが、シャッターを押すと背面の液晶がブラックアウトして以降の操作を受け付けなくなってしまう状態になっていた。
これでは写真の撮影が出来ないのでオークションで代わりのボディとレンズを落札した。
マウントの外れたレンズは諦めるとしても、見た目はなんとも無いように見えるボディはどうにかならないものかと思い、何度か試し撮りをしてみるがやはりシャッターを切ると一瞬背面液晶になにかが映ってからブラックアウトしてしまう。
SDカードへは記録もされないので記録メディアであるSDカードへのアクセスがダメなのかと思ったが、カード上に記録されている写真の表示は出来るので読み込みは問題無いようだ。
そこで動画の撮影を試してみるとあろうことか映像も音声も問題無く記録されることが判った。
つまり障害は静止画の撮影時のみ発生するということなので、動画専用のカメラとしてなら使えるかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「E-PM2」が来た

先日オークションで落札したミラーレス一眼「Pen-mini E-PM2」が一昨日届いていた。
帰宅後に早速動作確認のために触ってみたら、とにかく小さくて軽い!
それまで妻が使っていた「E-PL2」に比べると、一回りも二回りも小さくて軽く感じる。
実際にサイズを比べると
E-PM2 109.8mm× 64.2mm× 33.8mm 269g
E-PL2 115.4mm× 72.7mm× 42.0mm 362g
となっているので、幅で6mm弱、高さと厚さでで8mm強ほど「E-PM2」の方が小さく、重さでは100g近くも軽いことになる。
こりゃ持った感じが全然違うよなぁ・・・
さらに背面の液晶ディスプレイはサイズこそ同じだけどタッチパネルになっていてAFポイントの選択等が格段にやりやすくなっている。
これに慣れたら元の「E-PL2」がたとえ直っても戻れないよなぁ・・・

付属してきたレンズも「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6IIR」で、壊してしまった「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6II」より新しいもの(光学系は同じ)。
バッテリーは「E-PL2」と同じ「BLS-5」が使えるし、充電器も同じものが付いてきたので片方は私の「E-PL6」用にするとして、結構よい買い物だったと思う。
OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 レンズキット ホワイト E-PM2 LKIT WHT
B009C73XMO

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。