More from: カメラ

富士フィルムが「X-T100」を発表

富士フィルムがエントリーミラーレスカメラ「X-T100」を発表した、発売は6/21とされている。

「X-T100」はペンタ部を持つ”一眼レフデザイン”のボディで、撮像素子サイズはAPS-C(フジはこのサイズしか採用していない)。
有効画素数2420万画素のセンサーでISO感度設定は200-12800(拡張で100/25600,51200)が可能。
面白そうなのは水平方向にほぼ180度反転する3.0型3方向チルト式背面液晶モニターの採用。
カメラ前面にこの液晶を向けるとセルフィーの撮影も行える。
また、Bluetoothでスマートフォン等に撮影データを転送することも可能で、同社のアプリ「FUJIFILM Camera Remote」を使えば撮影データを自動でスマートフォン等に送信することが出来、SNS等への投稿が簡単に行える。

うん、クラシックなデザインだし、価格も安目で面白そうだけど、これ以上マウントを増やすのも大変なので買わないな(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

iOSはOPPとかBIPに対応してくれないのかな?

私の使っているミラーレスカメラ「E-PL6」のアクセサリーシューには「PENPAL PP-1」というコミュニケーションユニットを付けている。
これはスマフォ等とBluetoothで接続し、撮影した写真を転送してくれるもので、撮った写真をSNSにアップするのに重宝している。
しかも画像サイズを1280×960ピクセルに縮小してくれるので、スマフォ側で加工し直す必要も無い。
ところがこのユニットはiOSデバイス(iPhoneやiPad)には接続出来ず、不思議に思っていたがメーカーサイトを見ると転送に使うプロファイルがiOS側に用意されていないためとなっていた。
必要なプロファイルはBIP(Basic Imaging Profile)かOPP(Object Push Profile)なんだけど、iOSにはどちらも用意されていないので転送できないそうな。
「PP-1」が発売になってからかなり経ち、iOSのバージョンも大分上がったけど未だに用意されないということは、appleは今後も対応するつもりが無いってことかな?
iPadで使えると便利なんだけどなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

パンケーキの単焦点か沈胴式のズームか?

サブカメラとしてしているオリンパスの「E-PL6」のレンズを買い替えようと思っている。
今使っているのはパナソニックのパンケーキズーム「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.」で、カメラの電源を入れるとレンズが伸びて、さらに私のは自動開閉キャップを付けているのでまるでコンデジのように使えて便利。
当初は満足していたが、ズームが電動なので素早いズーミングが出来ないのと、思った画角で止めにくくワイド端かテレ端くらいでしか使わなくなってしまった。
沈胴式で収納時に薄いところは気に入っているので、買い替えるとしても同様に薄いのが良いと思っている。
今のところ候補はパナの単焦点「20mm/F1.7」か同じくパナの薄型ズーム「12-32mm/F3.5-5.6」のどちらか。
明るい単焦点も魅力だし、薄型ズームのほうは35mm換算で24㎜相当の広角からで使い易そうだし、ちょっと迷うなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. [H-H020A] ブラック
価格:24780円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3年延長保証付[PANASONIC]LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.ブラック
価格:23280円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ここ数日はISSを観るチャンス!

ISS(国際宇宙ステーション)がこの数日間は良く観えるようだ。
札幌では今日一日だけで5回の上空通過が予定されていて、今夜から明日の早朝にかけても5回ほどの通過がある。
明日の夜も同じく5回の通過があって、その後は一晩あたり3回になり、5/29からは2回に減ることになっている。
今夜の20:43頃からの通過では、最も高度が上がるのはそのおよそ3分後で、その時の高度は63度と見上げる高さになり、距離も近くなるので雲が無ければ明るく見える筈。
今夜は久々にカメラを空に向けてみようかな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS M100」が手軽で良さそう・・・

先だってCANONから「kiss」の名を冠した初のミラーレス機「EOS kiss M」が発売になった。
発売時から気になっていて、量販店で手に取っても見た。
良いとは思うんだけど、私としてはもっと小型の「EOS M100」が気になりだした。
これに標準ズームを付ければスナップ用に持ち歩くにはちょうど良いんじゃないかなぁ?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS M100 ダブルズームキット ブラック
価格:73260円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

CANONの次のレフ機は「EOS 80D」の後継機?

CANONが発表する次の一眼レフは「EOS 7D MarkII」の後継機ではなく、「EOS 80D」の後継機になりそうだと海外のサイトで囁かれている。
CANONが(NIKONも)ミラーレスに注力していると言われているが、そんな中でレフ機の新製品も出してくれるのはありがたい。
ただ、エントリー機の「EOS Kiss」はミラーレスに移行してしまう可能性が高く、フルサイズ機も「EOS 6D MarkII」が出たばかりでフラッグシップの「EOS 1DX」のモデルチェンジは2年後。
「EOS 5D]も現行のMark IVが出てそれほどたたないので、しばらくはフルサイズの新製品は期待できない(「EOS 5Ds(R)」の後継機の噂も出て来ないなぁ)。
となると、今年出てくるのはAPS-Cの中級機である「EOS 80D」の後継機しか残っていないので、先の話が囁かれているのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

バッグが届いた

先日もこのブログで取り上げたカメラバッグが届いた。
箱から出してみると大きすぎず小さすぎずで私にとっては程よい大きさ。
とはいえ問題は内容量で、実際にレンズを付けた一眼レフを入れてみた。
APS-C機しか持っていないがミドルクラスの「EOS 10D」「EOS 40D」「EOS 60D」にそれぞれ「EF28-105mm f3.5-4.5 USM」「EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS STM」「17-50mm F2.8 DC OS HSM」を付けた状態でなんとか収まった。
ところがこの状態だと空いたスペースに交換レンズを入れるのはちょっと難しいかな?
また小型機としてNIKONの「D40」に「AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6 VR」を付けた状態でいれてみると意外とレンズが長く、レンズ面を下にしないと「D40」の小ささを活かせない。
レンズ面を下にするとかなり余裕が出来るので、大口径の交換レンズもなんとか入りそう。

そもそも深さの関係で望遠ズームは入らないだろうから、ミドルクラス機は入れても標準ズーム+単焦点の組み合わせがせいぜいかと。
もしくは一眼レフ+標準ズームとパンケーキレンズを付けたミラーレスの組み合わせが丁度良いかも?
私は一眼レフ+標準ズームと状況によって予備バッテリー等もしくはミラーレスの組み合わせになるかな?
サイドやフラップにあるポケットにはメモリーカードや予備バッテリーを入れることになりそう。

荷物が多い時はカメラもリュックに入れているんだけど、子供と公園に行ったりする時はリュックだと大きいので、これくらいのバッグがあると便利だね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ポチってみた

先日もこのブログで紹介したカメラバッグを試してみたくてポチってみた。
商品写真等を見ると一眼レフでもエントリークラスしか入れていないが、私の使っている「EOS 60D」や「D7000」が入るかどうかを試してみたい。
これらのボディにレンズを付けたままで入り、さらにレンズ一本が入るなら当たりだと思う。
小型の一眼レフしか入らないようだったら「D40」か「K50」とレンズを入れようか。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Fマウント→EFマウントアダプタか・・・

私の手元には頂き物のFマウントレンズが何本かある。
そのレンズを使うためにFマウントのボディも中古で用意した。
とはいえメインで使うのはEFマウントのボディなので、マウントアダプタでの使用も考えたことがある。
たまたまヤフオクを見ていると安いアダプタが出ていたので、ちょっと購入を考えてしまったよ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「D7200」が入ってる!と思ったら

札幌市内の中古カメラショップの在庫にNIKONのDXフォーマット機「D7200」が加わっていた。
しかも信じられないくらい安く、前モデルの「D7100」どころか私も持っている「D7000」よりも安いくらい。
既に売れてしまっているが、詳細を見るとショット数が20万を超えている・・・
これだと何時シャッターユニットが逝ってしまうか判らないし、そうなったら修理が必要。
NIKONのサイトでシャッター不具合の修理費用をチェックすると概算だけど税抜きで26,200円と出た。
これに往復の送料がかかるので、だいたい3万円強というところかな?
うーん、これでシャッターユニットが新品になるのなら安いのかも?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。