More from: カメラ

「EOS kiss X7」の後継機が近々発表される?

海外の情報系サイトでCanonが3月中にでも「EOS kiss X7」の後継機種を発表するのではないという記事を掲載している。
「EOS kiss X7」はデジタル一眼レフの中で最も小型軽量と言うことを謳った機種で、発売から4年近く経った今でも人気の製品。
なにせボディ単体だと4万円前後、レンズキットでも4万円台前半から半ばで買えるコストパフォーマンスの良いカメラだ。
とはいえ上位機種に当たる「EOS kiss X7i」は既に2回のモデルチェンジを経て「EOS kiss X9i」に進化していて、また下位機種に当たる「EOS kiss X70」も一世代新しくなっているので、「EOS kiss X7」もモデルチェンジが待たれていた。
新型になってスペックがどう強化されてくるのかは不明だが、センサーがX9iと同じ24M画素でAFシステムが45点になり、デュアルピクセルCMOS AFも搭載とかになるのかな?
要は「EOS kiss X7i」と「EOS kiss X7」のような関係で「X9i」の小型軽量版になってくるのかな?
だとするとモデル名は「EOS kiss X8」では無く「EOS kiss X9」となるとか?
そうなるとX8が欠番になるけど、過去にもX6が欠番になったこともあるから、X8の欠番も有り得るな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「Kiss X70」が売れたか

市内の中古カメラショップに入荷していたCanonのデジタル一眼レフ「EES kiss X70」が売れたようだ。
エントリー機である「EOS kiss」シリーズの中でも最も下位の機種で、モデル名だけはX7シリーズだが背面液晶やISO感度等に関してスペックダウンされている。
単純に写真や動画を撮るならこれでも十分と言う考えもあるし、新品よりも安いから売れたのだろうか。
ただ、レンズキットでは無くボディ単体だから、買った人はレンズも一緒に買ったのかな?それとも前モデルの「EOS kiss X50」辺りからの買い替えかな?
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X70 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II付属 KISSX70-1855IS2LK
B00IDVTXH4

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

”Qマウント”が終息に向かう?

リコーイメージングのユニークな一眼カメラ「Q」「Q7」「Q10」「Q-S1」に採用された”Qマウント”が終息に向かうかもしれない。
同社のレンズロードマップから開発中とされていたテレフォトマクロが削除されている。
つまりレンズの新製品の開発を中止したということだ。
現在、リコーイメージングのサイトには8種類のQマウントレンズが掲載されているが、今後はこれが増えることは無いということになりそう。
Qマウントのボディはセンサーが小さく(1/2.3または1/1.7)、ボディも小柄なので持ち歩くのに楽だし、写りも独特。
ちょっと面白そうだなー、と思ったこともあったけど、やはり製品としての寿命が終わりに近かったかぁ・・・
Qマウントをやめるとすると、開発リソースはどの辺りの製品に注入されることになるのかな?
もしかして新しいミラーレスのラインアップを考えているとか???

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONはミラーレスに注力か?

多額の赤字を出し経営状態が心配されているNIKONは、不振のカメラ事業に関して「国内外の主力工場は閉鎖せず」と幹部が発言した。
さらに同幹部は同社の製品群の中で弱点となっているミラーレス機に関して、早期に複数の製品をラインアップすると明言。
ということはこれまでのNIKON1に加えAPS-C(Canonの「EOS-M」他)やフルサイズ(SONYの「α7」シリーズ)のミラーレス機を出して来るということかな。
となると、新しいマウントを開発しているということだろうな。
いくらなんでもFマウントのままミラーレスにすることは無いだろうね。
新しいマウントを作るにしてもFマウントからのマウントコンバータを用意して、NIKONの豊富なレンズ資産を活かすことになるだろう。
また、”複数の”と言っていることから、少なくともエントリー機(CANONの「EOS M10」やSONYのNEXシリーズ)と中級~上級機(CANONなら「EOS M5」、SONYなら「α7RII」辺り)を出してくると思われる。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「6D2」は発表されず・・・

今日から始まったCP+では期待されたCanonのフルサイズエントリー機「EOS 6D」の後継機(「EOD 6D MarkII?」)の発表は無かった。
Canonは直前にAPD-Cのエントリー機2機種(「EOS 9000D」「EOS kiss X9i」)を発表しているから、続けざまには出さ(せ)無いんだろうなぁ・・・
ただ、この2機種のAFシステムが大幅に進化(45点オールクロスセンサー&デュアルピクセルCMOS AF搭載)しているので、フルサイズのエントリー機である「6D」の弱点といわれたAFも相応の進化が期待できる。
噂では春から夏にかけてのどこかで発表になるというが、それにはかなり期待できる気がするね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

シグマが新レンズ4本を正式に発表

シグマは先だって噂になっていた新型の交換レンズ4本を正式に発表した。
発表されたのは
・SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art
・SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
・SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art
・SIGMA 14mm F1.8 DG HSM Art
の4本で、対応マウントはF,EF,SAの3種類でマウントコンバーター「MC-11」を使用することでEマウントにも対応する。
発売日及び価格は未定。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

”定番””人気”って言われてもなぁ・・・

オークションでCanonのデジタル一眼レフ「EOS D30」を探してみた。
目的はバッテリー収納口の蓋(私が持っているのはその蓋が無くバッテリーグリップが必須なので)。
そうすると”人気”と書かれた商品が目に入って来た。
商品紹介にも”定番””人気”と言う言葉が並んでいる。
いやいや発売されたのが20世紀のデジイチが定番とか無いでしょ?
APS-C機なのにEF-Sレンズが使えないボディを今更新しく買う人もいないと思うけどなぁ?
それともそんなに人気があるのだろうか?<D30
似た型番で後から出た「EOS 30D」(2006年発売)ですら既にメーカー修理対象機種から外されて久しいというのにねぇ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

シグマが近々レンズの新製品を発表する?

シグマがCP+で新製品のレンズを発表するらしい(海外の公式サイトで公表)。
しかも一気に4本も出すとのことだ。
・135mm F1.8 DG HSM Art
・14mm F1.8 DG HSM Art
・24-70mm F2.8 DG OS HSM Art
・100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
・マウントはF,EF,SAの三種類
がそのリストで、個人的には14mm F1.8が気になるところ。
DGなのでフルサイズ対応の明るい超広角単焦点ってのはポイントが高いが、その分価格も結構高いんだろうなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが近々新しいレンズを発表する?

Canonはつい先日新型のデジタル一眼レフ「EOS 9000D」及び「EOS Kiss X9i」を発表した。
さらに今後2-3ヶ月で新しいレンズを発表するという見通しもあり、その筋によればEF-S(APS-C専用)の単焦点レンズではないかとのこと。
詳しいことはまだ不明なれど、35mm換算で35-50mm(20mm-30mm)程度で明るい(F1.4-1.8クラス)単焦点を望む声が多いようだ。
また、”隠れLレンズ”とも言われる「EF-S 17-55mm F2.8 IS USM」のモデルチェンジを望む声も見受けられる。
私としても「EF-S 30mm f1.8 IS STM」辺りが安く出たら欲しいかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

随分と安い防湿庫だなぁ

楽天市場で安い防湿庫を見つけた。
容量が48Lの製品としては妙に安い気がする・・・
大手量販店で東洋リビングの製品で同じくらいのを探すと2倍近い価格なんだよねぇ。
そろそろ用意しなくてはと思っているんだけど、問題は容量。
ボディとレンズ全てを収納するにはどれくらいの容量があれば間に合うのだろうか?(汗)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。