More from: カメラ

随分と安いなぁ?

amazonからのDMでミラーレス用のレンズを紹介された。
紹介されたのはオリンパスの「M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mmF3.5-6.3 EZ」で、価格は1万円ちょっとと格安。
一瞬「中古じゃないの?」と思ったが新品らしい。
PENシリーズに付けるにはちょっと大きいけど標準ズームとして使いやすいレンジのレンズで、開放f値が暗めなのがちょっとアレだけど、とりあえずの一本には良いかも。
OLYMPUS ミラーレス一眼 レンズ 防塵 防滴 電動ズーム ED 12-50mm ブラック M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mmF3.5-6.3 EZ BLK
B006O2KFIA

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 50D」が入っていたのか!

札幌市内の中古カメラショップにCanonの「EOS 50D」が入荷していた。
今使っている「EOS 60D」を買う前は本命と思っていたボディで、このショップにもたまに入荷していたがなかなか買えずにいた。
結局のところ「EOS 60D」の訳アリ品が安く売られていたので、それを買ったわけだけど今でも気になっている機種だ。
三日ぶりくらいにこの店の在庫をチェックしたら新しく入荷していたが、即座に売れてしまっていたので少々残念。
価格も以前ほどはしていないので、買おうと思えば買えたなぁ、うーん残念(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONが「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」を発表

NIKONはDXフォーマット用の超広角ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」を発表した、発売は6/30。

「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」は小型軽量の超広角ズームで、この焦点距離はSIGMAから出ている「10-20mm F3.5 EX DC HSM」と一緒で開放絞り値が少々(0.5段-1.5段)暗くなっている。
それでもSIGMAの前モデルである「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」と同じで、最短撮影距離がSIGMAの24cmに比べて短い22cmとなっているのと手ブレ補正機能(VR)を搭載している点が異なる。

価格は純正レンズとしては格安の41,500円(税抜き)。
実売価格は大手量販店で税込みで4万円少々となっている。

私はSIGMAの「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」(Fマウント)を持っていて、超広角が必要な場合に持ち出しているので少々興味があるが、SIGMAのレンズと比べての評価を見ないと何とも言えないなぁ・・・
あ、手ブレ補正が付いているのはありがたいかも。

Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用
B0714QYH71

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「K-5IIs」がまた入った・・だと?

市内の中古カメラショップにリコーイメージングの「K-5IIs」が入荷した。
同社の「K-5II」からローパスフィルターを除いたモデルで、以前から気になっているモデル。
価格も手頃だしちょっと欲しいので、迷うところだなぁ・・・
手持ちの「K-50」をどれくらいで引き取ってもらえるかなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS kiss X7」の後継機の発表は七月?

つい先日Canonのエントリー一眼レフ「EOS kiss X7」の後継機は9月に発表と噂されていると書いた。
→「Canonの「EOS kiss X7」の後継機(X9?)は九月に発表?
今度は七月に発表され、九月に発売になるという情報が入ったとのことだ。
しかも噂の確度は前回の記事よりも高まっている。
九月発売というのは秋の運動会シーズンに間に合うようにとのことなのかもしれないし、その前に発表して他社機にユーザーが流れないようにする気なのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「EOS kiss X7」の後継機(X9?)は九月に発表?

海外サイトにCanonのエントリー一眼レフ「EOS kiss X7」の後継機は今年の九月に発表になるらしいとの記事がある。
今まで出る出ると言われ続けて来て、今年の2月頃に年内に発表との噂が出て来たX7後継機(X9か?)の発表時期がようやく具体的に噂になって来た。
APS-Cサイズの一眼レフとしては最小最軽量機として今でも売れているX7がようやくモデルチェンジすることになりそう。
件の記事によればスペックは上位機の「9000D」に近くなるというのだから、ちょっと楽しみかも。
その分値段も上がって「9000D」並みになったら興ざめだけど・・・
”小さくて軽い”は持ち出すときの気持ちのハードルを下げてくれるので、次期モデルもそこは変えてこないんだろうな。

今のスペックで十分ならメーカー在庫も少なくなって値段も底を打っている現行機も買い得かも?
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK
B00BXVR7VK

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 キヤノン EOS Kiss X7 ダブルズームキット
価格:47799円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

18-55mm IS STMも買ってきた

先日、市内の中古カメラショップでSIGMAの標準ズームレンズ「18-50mm F2.8 EX DC Macro」を買った際に、一緒に在庫してあったCanonのキットレンズ「EF-S 18-55m F3.5-5.6 IS STM」も買ってきた。
同じレンジのレンズなんだけど、純正のほうはサブ機用とするつもり。
購入時に「EOS 60D」にはジャンク扱いで買ってきた「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」を付けていたんだけど、それを下取りに出した。
ジャンク扱いだったので購入価格は3,240円、それに通販で買った社外品のフードを付けて下取り価格が3,000円だったのはありがたかったな(購入したレンズは純正のフード付き)。
このレンズ、単品で買うと定価が高いんだけど、キットの価格はボディ価格+5,000円程度で買えて結構お徳。
その分、手放す際の買い取り価格は低いんだけど、安く買えたんだから文句は無いな。
Canon 標準ズームレンズ EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM APS-C対応
B00BXVR97M

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

CanonのフルサイズミラーレスはEFマウント採用?

海外サイトでCanonのミラーレス機に関しての噂が流れている。
確証は無いし信憑性も低いということながら、Canonはフルサイズミラーレス機を開発している。
しかもそのミラーレス機のマウントは現行のフルサイズ一眼レフ機と同じEFマウントを採用する、となっている。
現在、フルサイズのミラーレス機と言うとソニーのα9等になるが、マウントはミラーレス専用のEマウントとなっている。
Canonがレフ機と同じEFマウントを採用するというのは、既にあるEF-Mマウントではフルサイズに対応させるのは不可能ではないにしてもかなり厳しく、しかも現行のEF-MマウントレンズはAPS-C用なので、フルサイズ用のレンズ群を新たに開発しなくてはならない。
それならいっそのことレフ機と同じマウントにしてしまえばボディのみの開発で済むということなのだろうか?
そうしてレフ機ならミラーボックスに当たる部分になんらかの機構(内蔵フィルター、手ブレ補正レンズ等)を配置するということも考えられる。
たしかにフルサイズ用に新しいマウントとレンズ群を開発するよりは現実的だとは思うけど、それならEF-Mマウントを採用してマウントコンバーターでEFレンズを使えるようにするというのも手ではないかな?
でも、やっぱりEF-Mマウントでフルサイズのイメージサークル対応は無理なのかなぁ???

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

フードが使えた

先日中古で購入したSIGMAのレンズのフードを注文しようかと思っていたけど、調べてみると別のレンズのフードがそのまま使えそうだった。
自宅でそのレンズを探してフードを外して購入したレンズに付けてみたら調べた通りそのまま装着することが出来た。
この二本のレンズはマウントが違うので一緒に使うこと殆ど無いだろうから、しばらくはこのまま使えば良さそう。
うん、昨日焦って注文しなくて正解だったな。

下のは定価の5倍近くもするんだけど、なにか特殊な事情でもあるのだろうか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

72mmのC-PLフィルター

昨日買ったレンズは今までのとフィルター径が異なり72mm。
これまでのが77mmだったので同じフィルターが使えないorz
いつもC-PLフィルターを付けていたので、そのまま使いたかったんだけど、サイズが異なるのでやはり買い替えか。
ブランド品だと結構というかかなり高いなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。