More from: カメラ

SIGMAの広角ズームが入荷か・・・

札幌市内の中古カメラショップにSIGMAの超広角ズームレンズ「10-20mm F3.5 EX DC HSM」が入荷している。
マウントはEFマウントなので、私の60Dにぴったり。
同じレンジ(というか一世代前)のモデルの「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」のFマウント用を持っていて、たまにD7000に付けていてその広い画角は狭い室内や星空を広く撮りたい時に非常に有効。
敢えて難点を探すと開放f値が4-5.6と暗いことだけど、今回入荷したのはワイド端でも半絞り明るい現行モデル。
うーん、かなり欲しいぞ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「PowerShot G1 X Mark III」は来週発表?

Canonのコンデジ「PowerShot G1 X Mark III」の詳細スペックと画像がリークした。
掲載されたサイトの記事を読むと、センサーが24MPのAPS-Cサイズになったにもかかわらず、現行のMark IIよりも小型軽量化されているらしい。
デザインもEVFが付いたためか一眼タイプになり、かなり現行とは異なる印象。
レンズは固定式ながら15-45mm F2.8-5.6 ISとEOS-Mの標準ズームと同じズーム域(換算24mm-72mm)で、開放F値が明るくなっている(EF-M 15-45mmは3.5-6.3)。
私の場合、サブ機がオリンパスの「E-PL6」+「14-42mm」なんだけど、あまりレンズ交換をしないので(一緒に40-150mmも入れてはあるけど)これの置き換えに良さそう。
とはいえ、予想価格が1200ドル程度となっているので、とても手が出ないね(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONの「D850」のセンサースコアが凄い・・・

DxOMarkにNIKONの新型FXフォーマット機「D850」のセンサースコアが掲載された。
結果はフルサイズ一眼レフ機としては過去最高の100点。
NIKONだけでなく他社の高画素機とのスコアの比較も載っているが、ISO800程度までのダイナミックレンジが最も広く、色再現性も高評価で高スコアにつながった模様。
流石NIKON100周年を記念する新モデルといったところか。
高感度になるとフラッグシップ機「D5」のほうがスコアが良くなるが、これは使うシーンが異なるということで比較するのはちょっと(汗)。

でも、他社のモデルでもSONYのα7RIIは高感度で、PENTAXの「K-1」はダイナミックレンジで引けを取らないスコア。
特に「K-1」は価格を考えるとかなりコストパフォーマンスが高いと思うな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

II型が入ったかぁ

札幌市内の中古カメラショップにNIKONのDXフォーマット用標準ズームレンズ「AF-S DX18-55/3.5-5.6G VRII」が入荷している。
私はこの前のモデルの「AF-S DX18-55/3.5-5.6G VR」を1本持っているんだけど、MTF曲線を見るとII型のほうが光学性能が上がっている。
あまり使わないだろうけど、D40に付けておくには良いかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonのフルサイズミラーレス機は3機種?

海外のサイトにCanonのフルサイズミラーレス機に関する噂が掲載されている。
それによると3機種を開発中で、それぞれ
・EFマウント採用のレンズ交換式
・新マウント採用で小型のレンズ交換式
・レンズ固定式
だそうな。
現在のレンズ資産を一番活かせるのはEFマウントを採用することだが、ボディの薄型化には一番向かない。
新マウント採用ならば(EF-Mマウント改良だとしても)ボディ設計の自由度は上がるが、レンズも同時に新開発の必要があり、ラインアップを揃えるまで年月が必要。
どちらも一長一短あるが、私としてはどちらかというとEFマウント採用のほうが実現性があると思う。
新マウント用のレンズが揃うまではマウントアダプタで凌ぐというのもありかもしれないが、レフ機とミラーレス機をどちらも使うという人にとってはマウントが異なるというのはデメリットにしかならないと思う。
現在のEF-Mマウントレンズのラインアップの貧相さ(ズームレンズ4本、単焦点2本)を見ると、Canonが新たなレンズ群を早期に開発するとは思えないしなぁ・・・
さて、来年辺りに発表されるというこの噂のフルサイズミラーレスはどんな製品になって我々の前に現れるのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

あれ?いつの間に入荷していたんだろう?

市内の中古カメラショップの在庫にPENTAXの「K-1」がある。
このショップの入荷情報は細目に見ていた筈なんだけど気付かなかったなぁ。
NIKONやCanonのフラッグシップ(「D5」「1DX2」)に比べると格安。
でも流石にフラッグシップ、中古とはいえちょっと手の出る価格じゃ無いねぇ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonはミラーレス用のフルサイズセンサーを開発中?

Canonがフルサイズのミラーレス機を開発中との噂があったが、今度はそのセンサーに関する噂が海外のサイトに掲載された。
それによると、噂のフルサイズミラーレス機に搭載されるセンサーは「5D4」のものでも「6D2」のものでない専用のセンサーになるということだ。
ミラーレス機となるとAFはCanonお得意のデュアルピクセルCMOS AFとなるのがほぼ確実だろうが、既に同方式を採用している両機種のセンサーではなく専用のセンサーを採用するということは、AF性能の向上が期待できるのではないかな?
この新センサーを採用するフルサイズミラーレス機は2018年中に発表されるということで、それより前にライバルのNIKONがフルサイズミラーレス機を出すとも書かれている。
来年が楽しみだね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONの「D5」と「D850」のAF性能比較

海外のサイトにNIKONのFXフォーマットのフラッグシップ機「D5」と最新のボディ「D850」のAF性能を比較した動画が掲載されていた。
この両機種はAFシステムが同じということになっているので、興味深く拝見した。
見ると同じAFシステム搭載とは思えないほどの差が見られるというのが私の感想。
動画で見る限り「D5」が「D850」を圧倒している様に見える。
ネットでの反応を見ても概ね同じで、やはりフラッグシップ機である「D5」のAF性能が上であるという声が多い。
理由ははっきりとは掲載されていないが、ボディの造りの差(機械的な精度や堅牢さに起因するミラー動作速度)であるとか、電源電圧の差であるとかいろいろと取り沙汰されている。
中にはDXフォーマット機の「D500」と「D850」の両方を同じレンズで使って”違いを感じない”という感想もあった。
だからといって「D850」が製品として悪いということにはならないけど、面白い検証だったな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonがフルサイズ(?)のミラーレスを開発中?

Canonが上級ユーザーをターゲットにしたミラーレス機を開発中との噂がある。
これはフルサイズのミラーレス機だと思われるが、そうなると気になるのはマウント。
EF-Mマウントだと口径が小さくてフルサイズのセンサーを収めることが難しい。
かといって新しいマウントを開発するとなるとレンズのラインナップを揃えるのが大変。
一番手軽なのはEFマウントそのままということだけど、これだとフランジバックが長いからボディの奥行きを小さく出来ない。
やはり大口径の新マウントを採用してEFマウントのレンズ用のアダプタも同時発売といったところかな?

でも、この手の噂って最近よく聞くなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。