FMV-S8200のCPU交換

先週の金曜(4/22)の夜にFMV-S8200のCPUをCeleron-M 350からPentium-M 735に交換した。
ThinkPadとは違い保守マニュアルが公開されているわけではないので、分解作業は手探りで行なった。
手始めにACアダプタとバッテリを外し、念のためHDDと光学ドライブ、メモリも外しておいた。
HDDとメモリはユーザーでの交換も可能なようになっているので取り外しは簡単だし、光学ドライブに至っては工具無しで外せたが、それ以上分解するには多数のネジを外さねばならず少々面倒だった。
CPUを交換するには
・キーボードベゼル
・キーボード
・サブ液晶パネル
・ヒンジカバー
・LCDユニット
・サーマルプレート
・ヒートシンク
を外さなければならず、私はサーマルプレートの取り外しで少々手間取ったが、これはサーマルプレートとCPUのヒートシンクがグリスで固着していたためで、少々力をいれて剥がすと外れた(ちょっと怖かったけど)。

FMVのキーボード等を外した状態

キーボードベゼル、キーボード、サブ液晶パネル、LCDユニット等を外した状態。


ここまで分解するにはネジを20本も外さなくてはならない(本体裏8本、光学ドライブベイ裏3本、LCDユニットヒンジ部2本、本体背面2本、LCDユニット下4本、キーボード左下1本)
サーマルプレートを外した状態

上の状態からサーマルプレートを外した状態。左側のファンの下にあるのがCPUのヒートシンクで、この下にCPUがある。


サーマルプレートを留めているネジはプレート上に三角マークで示されている3本とVGAコネクタを固定している2本。
サーマルプレートさえ外れてしまえばCPUクーラーが見えるので、ネジ4本を外してヒートシンクを外せばCPUを拝むことが出来る。
CPUの装着状況

ヒートシンクを固定している4本のビスを抜いて外した状態。CPUコアには硬くなったグリスが付いたまま。


CPUはソケットに装着されているので、上の写真のCPUの左側に見えるネジを回せばロックが外れるのでCPUを外すのは簡単に出来る。
後は新しいCPUを装着して分解と逆の手順で組み立てるだけだが、その際CPUコアとヒートシンクの間と、その真上のヒートシンク上部(サーマルプレートと接触する部分)にはグリスを塗布しておく必要がある。
もともとのグリスが付いていた所に塗布しておけば間違いないだろう。
CPU交換後の起動画面

CPU交換後の起動画面。右下のロゴがPentium-Mになっている。


組み立て後の起動画面を見ると右下のロゴがCeleron-MのものからPentium-Mのものに変わっていた。
BIOSの設定画面

CPU交換後のBIOS画面。CPUタイプがPentium-M 735になっている。


起動時にBIOS設定画面に入って詳細を見ると、CPUタイプがPentium-M 735と認識されていて、詳細設定画面ではSpeed Stepテクノロジを有効化するスイッチが設定可能になっていた(デフォルトでは「使用しない」になっていた)。
Speed Stepテクノロジを有効化しておいたところ、CPU-Z等で表示されるCPUクロックは低負荷時には600MHzで高負荷時には1.7GHzだったので、きちんと動作していることが確認できた。
ただクロックの切り替えには若干時間がかかるのか、super piを実行すると1ループにかかる時間がまちまちだったので、パフォーマンス重視ならSpeed Stepテクノロジは無効にしておいたほうがいいのかも。

こうして無事に我が家のFMV-S8200はPentium-Mマシンになったが、メモリの最大搭載量が1GB(それ以上入れても認識されなかった)なので、WindowsOSはXPがいいところで、VISTAや7を入れるのは厳しいだろうなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

早速チェックしてみた

今年のRSR2011の参加アーティストの第一陣が発表になった。
→http://rsr.wess.co.jp/2011/artists/lineup/index.html
その中には例年最後まで参加が決まらない「怒髪天」の名前があったのでホッとした。
昨年は「怒髪天」としての参加が無く、メンバーの一部が誰か(山下達郎等)のステージに出てきたりするだけだったので、残念だったが、今年は参加してくれるので今から楽しみだ。
他にも昨年は他の人のステージと被ってしまって聴きに行けなかったアーティストの名前もあり、タイムテーブル次第だが今年こそは聴きにいけるかも知れないと期待させてくれる。
さらにはなんと「B.B.クィーンズ」が20周年で限定再始動ということなので、これも楽しみだ。

うーん、今年は仕事で参加できないかとも思ったことがあるが、これはなんとしても参加しなければ!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Skypeはよく判らない(汗)

職場のSkypeが音声の品質が悪い(というかノイズか無音声だけ)ので、今夜の会議までになんとかしろとのお達しが来た。
ルーター設定やらなんやらを見直したり、マイク(カメラ内蔵?)の接触不良等を疑ったりして、最終的には別のPCにSkypeをインストールしてなんとか間に合わせることが出来た。
もともと会議は別PCで参加したいとのことだったので、その要望にも応えた形になったのだが、最初は相手側(新規にSkypeを入れたPC)の映像が表示されなくて焦った。
原因はWEBカメラのドライバと同時にインストールされたビデオチャット用のソフトが映像を先にとってしまい、SkypeからWEBカメラの映像を取り込めない状態だったため。
なのでビデオチャットソフトを終了させてから改めてSkypeで通話を開始したところ、無事に相手側の映像が表示されるようになった。
問題だった音声品質も劇的に改善されて会議にはほぼ支障が無いレベルになった。
Skypeなんて初期の頃に触っただけなので、セットアップやら設定の方法は一から調べなくてはならず、変なところで時間を取られてしまった。
そもそも業務でSkypeを使うことはこちらでは感知しないところで始まり、設定等も私等のほうではノータッチだったのに、こんな時だけSOSを出されてもねぇ(ぶつぶつ)。
最初に言い出してセットアップした人にやらせればいいのに(ぐちぐち)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

じゃがバター風ドロップス

昨日帯広駅で「じゃがバター風ドロップス」(”風”の字は小さく書かれている)なるものを見かけたので、ネタにと思って買ってきた。
職場で缶(缶入りなので)を開けてみると、本物のじゃがバターの香りがする。
試しに一つ口に入れてみたところ、本物のような味がしたのでビックリ!
舐め続けていると微妙に本物とは違うことが判るが、それにしてもよく出来ているなぁ(笑)。

同時に「ジンギスカン風ドロップス」と「豚丼風ドロップス」も買ってきたので、後で試してみる積もり(爆)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

留真温泉に行ってきた

今日(既に昨日か)の昼間は帯広から車で一時間少々のところにある浦幌町の留真(るしん)温泉に行ってきた。
何年か前にも行ったことがあるが、その後燃料費の高騰で休業していて、今年の3月頃に建物を改築して営業を再開したとのこと。
前日の雨が嘘のように晴れてきれいな青空が見えていたためか広い駐車場が一杯になるくらい車があり、結構混雑していた。
流石に施設は改築(というかほとんど新築か?)したばかりなのできれいだったが、相変わらず露天風呂は小さかった。
詳しいことは後日書くことにして、今日はこれくらいにしておこう。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

札幌に帰ってきた

今日は朝早くから仕事の電話で起こされてしまったが、なんとか対応も出来、昼間は温泉にも行くことが出来た。
場合によってはすぐにでも札幌に帰ってこなくてはならなくなりそうだったが、それは回避することが出来て良かった。
今回はちょっと事情があって久々にJRで帰ってくることになり、帯広を夕方に出るスーパーおおずら12号に乗って帰ってきた。
帯広を含めて今日の十勝地方は良い天気だったが、札幌駅に着く直前に列車の窓を見ると雨粒が付いていたのでびっくりした。
荷物が多少あったうえ傘を持っていなかったので、最寄の地下鉄の駅からタクシーに乗って帰宅した。
昨日見た天気予報ではあまり雨の心配をしなくても良かったのになぁ・・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

で、無線LANカードが来たのは良いけれど

今日届いたT60の無線LANカードだけど、先の記事に書いたように保守マニュアルのパーツリストに載っていないものだった。→載っていた(汗)
FRU No.は「39T5579」で、ググってみると複数のショップからT60用の無線LANカードとして販売されているが、IBM(Lenovo)のサイトでは検索しても出てこなかったし、ドライバファイルも見つけることも出来なかった。
カードを見るとAtherosの「AR5BXB6」というカードだが、T60用の無線LANカードのドライバとして見つかったのはIntelのカード用のドライバともう一つだけで、当のAtheros用のドライバらしきものは無かった。
駄目元でIntel用では無い方のドライバをダウンロードしてきてインストールしたが、やはり違っていたようでカードが動作しない。
仕方が無いのでAtheros AR5BXB6用のドライバを探したところ、
「Wireless Driver & Software」というサイトでWin2000/WinXp用のドライバを見つけることが出来た。
Atheros AR5BXB6 (AR5424) mini PCI-E Wireless Card Driver Download
ここから落としたドライバをインストールしたところ無事にカードが動作したので、ようやくT60も無線で自宅のネットワークに接続することが出来るようになった。

あとはディスプレイのSXGA+化とCPUのデュアルコア化かな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

T60の無線LANカードが届いていた

先週の月曜日(4/18)に落札したがなかなか届かなかったThinkPad T60用の無線LANカードがようやく届いた。
昨日(4/23)の朝に運送会社に問い合わせて届けて貰うことになっていたが、今日帯広から帰ってきたら無事に届いていた。
早速T60に組み付けたところきちんと動作した。
ショップからも今日の昼間に連絡が来ていたので、早速無事に届いた旨を連絡しておいた。
だけどなぁ、届いたカードのFRU No.を見ると保守マニュアルに載っていないんだよなぁ、、、、、→よく見たら載っていた(汗)
IBM(Lenovo)のサイトからもドライバがダウンロード出来ないし、何故?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

停電だあ?

今朝早く電話があり未明に停電があり復旧後も社内システムが使えないとのこと。
状況を聞くと午前3時頃から午前4時半頃まで停電し、復電後は端末の電源は入るが社内システムのサーバが応答してこないとのこと。
サーバの電源はUPSから取っているが流石に1時間半もの停電には対応できず、電源が落ちてしまったようだ。
いつもなら私が現場に行って対応するのだが、あいにく帯広にいてどんなに急いでも3時間以上かかるので、早朝だったが札幌にいる人間に電話をして対応を依頼した。
現場からの連絡によると大半のサーバは無事だったとのことだが、肝心のサーバを含め数台の電源が復旧していないとのこと。
それでも電源を入れただけで殆ど復旧したので助かった。
残った分は明日の朝の対応でも間に合うので、とりあえず復旧することが出来て一安心だ。

それにしても最近滅多に停電なんて無いのに、私が札幌を離れている時に起きるなんて間が悪いなぁ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。