Hennessey Venom GT 発表

複数のニュースサイトによると、アメリカのHennessey社が開発を続けていたVenom GTを3/30に発表した。
以前より開発が伝えられており、昨年8月には今年のジュネーブショーで公開予定とのアナウンスがあったが、開発が遅れ市販モデルの発表も遅れたとのこと。
ベースはロータスのエリーゼ(過去にはエキシージとする報道もあり)で、フレーム以外は殆どオリジナルの設計で、ボディパネルはもちろんホイールまでカーボンファイバー製という豪華(?)仕様。
エンジンはコーヴェットZR-1用のLS9型V8 6.2Lをベースにチューニングされ、スーパーチャージャー仕様で725馬力、ツインターボ仕様では1000馬力と1200馬力の仕様がある。
今まで市販車で最大馬力だったブガッティヴェイロン(1001馬力)を上回るパワーのエンジンで軽量(僅か1071Kg!)のボディを引っ張る。
1200馬力仕様では0-96Km(60mile)加速が2.2秒、最高速は422Km/hにも達するとのこと。
ブレーキもパワーに見合うもので、ブレンボ製のカーボンブレーキ(フロント6ポッド、リア4ポッド。これだけで安い車が買える!)を搭載しており、強大なパワーを2輪で受け止めるためにトラクションコントロールも搭載される。
このように凄い性能だが、その分価格も高く60万ドル(約5500万円)となっている。
高価とは言ってもヴェイロンの1億円超に比べると格段に安い。

と言っても買えないことにはかわらないけどね(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

RISING SUN Rock Festival in EZO 2010のチケット

先月先行予約が始まったRSR2010のテントサイト(ハッピネステントサイト)チケットの抽選結果が昨日届いていた。
昨年は2次抽選も含めて外れたが、今年は見事に当選!
エリアは「エビ」だよ>関係者
つーわけで、今年の参加もほぼ決定ー!
今年はどんなアーティスト達が来てくれるんだろう?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

日も変わったことだし

昨日書いた記事のうち、一つだけ全くの嘘(つーか、妄想)が一つある。

それは新型のATOMについての記事で、そもそも新型ATOMをIntelが発表する噂なんぞ聞いたこと無い(笑)。
あの記事は「こんなATOMがあれば良いなぁ」という希望を元にでっち上げた代物。
まさか本気にする人はいなかっただろうけど、日付もかわったので念のためネタバラシをしておくことに。

一番アクセスがあったのがbaiduがMaidoに変わったという記事だった(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

8コア&12コア

一般の人には関係ない話だけど、AMDからサーバ用CPUの新製品が発売になった。
先日発売になったIntelのXeonのコア数を上回る8ないしは12ものコアを搭載したOpteron6100シリーズで、製造プロセスは45nm。
これまで最多のコア数は6だったので、最大で2倍のコア数となったことになる。
構造的には4コアないしは6コアのCPUを一つのパッケージにまとめ、Hyper-Transportで内部接続したものなので、メモリもクアッドチャネル対応と言うことになる。
一つのパッケージにまとめたことで、パッケージの形が横長になり、まるで昔のPentiumProのような外見になっている。
またそのためソケットも新しい「Socket G34」となり、搭載マザー(Super Micro製)も同日に発売となっている。

動作クロックは1.7GHz(6164 HE 12コア)から2.4GHz(6136 8コア)とIntel製CPUに比べると低いが、クロック当たりの性能等を考慮すると、どちらが高性能なのかは微妙なところではないかと。
というか、どのような用途で使用するかで選択肢が変わると思う。
XeonもHTで最大12スレッドの同時実行は可能だが、演算ユニットの使用状況によっては実行されるスレッド数に変化が出るはずなので、あくまでも最大12スレッドということになる。
その点Opteronはネイティブで12コア(or8コア)なので、常に同時に使用できるという強みがあるが、実際にそこまで使いきるかどうかはOSやアプリケーションに依存してしまうので、場合によってはせっかくのコアが無駄になるかも。
1台のPCを仮想化して多数のサーバーを構築するには適したCPUと言えよう。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

4月1日

噂ではIntelがGPU統合ATOMの新型を今日(アメリカ東部標準時での4/1)発表するらしい。
ATOMとしては初めて動作クロックが2GHzを超えるなど、かなりの性能アップが期待できるとのこと。
またコア数も2だけでなく、ATOMとしては初めて4コアのモデルも用意されるらしく、さらにはCore i7やXeonの最上位と同じ6コアのモデルもあるらしい。
ATOMのZシリーズと同様にVTにも対応するので、VMウェアやVirtualPCの動作も可能となるらしい。
特筆すべきはクロックがあがりコア数も増えているのも関わらず、TDPが4コアモデルで15W、6コアモデルでも僅か18Wと非常に低いこと(2コアモデルは現行のD510よりも低い11W)。
残念ながら3次キャッシュは非搭載となるが、これはコスト及び消費電力の面からも仕方の無いことだろう。
内蔵GPUは現行モデルのものを踏襲するが、クロックは高くなる見込みなので、性能アップすると思われる。

組み合わされるICHはNM10のマイナーバージョンアップ版のNM15で、SATAコントローラーが強化され、最大6ポートのサポートが可能とのこと。
またRAID機能(0,1,0+1,5,6)も搭載されるので、省電力サーバ用途にも使えると思われる。
サポートするメモリは相変わらずDDR2だがDDR2-1066まで対応可能とのことで、デュアルチャネルにもようやく対応し、スロット数も最大で4。
搭載マザーもまだ発表されていないが、恐らく新ATOMの機能を十分に生かした構成になると思われる。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。