結局

世界の山ちゃんでは手羽先とどて煮を各1人前づつを2人で食べて、ビールと大名古屋サワーを呑んできた。
夕食を食べてから行ったのであまり食べられなかったが、それでも満足した。
その後はTANAKAに行きコーンウィスキーを味見させてもらったり、タンカレーベースのカクテル(アニス酒入り)とギネスを呑んできた。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

オソウシ温泉

昨年から売りに出ているオソウシ温泉鹿乃湯の状況をみようとしたら、アットホームに載っていた販売情報が消えている。
あれ?売れたか?と思い元々のネタ元のblogを見たところ、以前にも販売状況をコメントに書いていた販売会社の人から「新オーナーが決まりそうで、来春(2009年春)のリニューアルオープンを目指している」との書き込みがあった。
これが本当なら嬉しいことにあの雰囲気が再度味わえることになる。
本物かどうか判らないが、
http://new.ptu.jp/osoushionsen/bil1.files/title999-1.htm
で公式サイトっぽいものが見れる(トップページは404)。
ただ、ちょっと探したくらいでは続報が見つからないのが少々不安かも。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ハッピネスデーリィ

4/11にハッピネスデーリィに行ってきた。
ちょうど20年目に入るということで、2日間限定のメニューやサービスがあると新聞やお店のサイトで告知されていた。
昼直前に着いて店内に入ったところ、嶋木社長自ら応対して下さった。
お目当ての「Linzer torte(嶋木社長の手作り品で限定24個)」は既に品切れかと思ったが、まだ半分しか出ていないとのことだったので、早速コーヒーをオーダーした。
#コーヒーの「おまけ」として先着24人にはLinzer torteとセラックロールが振舞われることになっていた。
下がそのLinzer torteとセラックロールの写真で手前が「Linzer torte」、奥が「セラックロール」

ハッピネスデーリィで振舞われた「Linzer torte」と「セラックロール」

ハッピネスデーリィで振舞われた「Linzer torte」と「セラックロール」(クリックで原寸表示)


「Linzer torte」の生地に使われている小麦粉は北海道産の「Dolce」だそうで、周りからは洋菓子には向かないから作れないと言われたそうだが、なかなか美味しかった。

下は当日限定の(右から)「赤いルバーブのレアチーズケーキ」と4月限定の「いちご大福」と「あかずきんかぼちゃ」の3種類のジェラート。

4/11,12限定のジェラート3点盛り

4/11,12限定のジェラート3点盛り(クリックで原寸表示)


ジェラートも普段は2種類盛りだが、この日は特別に3種類。

この日は他にも屋外で販売されているソーセージ2種類を食べたり、隣接しているハッピネスフロマージュ(チーズ工房)にチーズを買いに行っていろいろ試食したりと食べ通しだったような気がする(笑)。
さらに帯広に戻ってからは茶来居(西9南40)におそばを食べに行った。相変わらず美味しいおそばだった。
ハッピネスでかなり食べていたので、いつものように多めに盛り付けられたら食べきれるか心配だったが、(マスター曰く)「茶来居盛り」をぺろりと平らげてしまった。
美味しいものは腹に収まるものだと改めて実感した(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

福岡

行きが復活しそう・・・・・・
まぁ、しばらく九州には行ってないから行ってもいいけどね。
でも博多は全くと言っていいほど知らないなぁ。
どうせなら昔よく行ってた小倉に行きたい(爆)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

越後屋

越後屋というとよく時代劇に出てくる悪徳商人というイメージもあるが、今回は洞爺湖温泉にある越後屋デパートのこと。
ここでは昔から木刀を土産物として販売しているが、現在週刊少年ジャンプに連載中の「銀魂」という漫画の主人公である「坂田銀時」の愛刀として描かれてからは、そっち方面でも有名になってしまった。
また店のほうも原作者の空知や出版社の集英社とタイアップしているようだ。
今年の1月に行った時に店頭販売&1000個限定の木刀ストラップを買ってきたが、時々ヤフオクで見かける。
昨年の洞爺湖サミットの際にシークレットサービスの方々もお忍びで買いに来たらしい(笑)。
その時には英語で「SECRET SERVICE」と彫ったらしいが、店頭で販売されているのはカタカナ表記になっている。
写真をいろいろ撮って来た筈だから、機会があればアップしてみようかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

次回の出張は

福岡になりそう、、、、、、
いちおう職場のトップには「日帰りは勘弁してください!」と言ってはおいたけど。
その時はトップも「何回かやったが日帰りだと現地で時間が取れないからなぁー」と言っていたので、
とりあえずは安心か?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

DELL Inspiron2500のCPU交換

たまたま手に入れたDELLのInspiron2500はCPUがMobilePentiumIIIの900MHz(SL53T)だったので、同じMobilePentiumIIIの800MHz(SL4GT)を入れてあるThinkPadT22との間でCPUを入れ替えた。
ThinkPadのほうは保守マニュアルが公開されているので、CPU交換は今までに2度ほど経験している。
対するInpironのほうはマニュアルを見つけられず、WEB上でも交換方法が見当たらなかったので、事前調査なしのぶっつけ本番でやってみた。
※画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。
まずは電源の供給を止めるためACアダプタ及びバッテリを外す。
次に本体の裏側を見ると丸の中に「K」の字が刻印されているそばにネジがある。おそらくこれがキーボード固定用ネジであろうと見当をつけ、4本全てを外した。

ネジ位置

ネジ位置

ひっくり返して液晶を開け、キーボードを液晶側にずらすと思ったとおりキーボードが外れた。
キーボードとマザーをつなぐフィルムケーブルは抜けなかったが、作業には支障が少ないのでそのままにし、キーボードは左側に向けて裏返した状態にした。

ヒートシンク&固定金具

ヒートシンク&固定金具

ヒートシンク

ヒートシンク

そうすると中央やや右よりにいかにもこの下にCPUがあります!みたいな雰囲気の場所があるので、ツメの部分にマイナスドライバを挿し込み右側に倒すようにしてロックを外すと、CPUが現れた。
固定用スクリューを左に回すとCPUが手前側にずれて(緩んで)くるので、慎重に外した。

CPU本体

CPU本体


取り付けは全く逆の手順を行えば良いので、換わりのCPUを向きを合わせてソケットに載せて固定用スクリューを右に回し固定。
#CPUコアの上に少量のグリスを塗布しておけば良い。
ヒートパイプの付いたシートシンクを被せ、上から押し付けて固定し、あとはキーボードをもとに戻し、裏側からネジを4本締め付ければ完了。
バッテリーを取り付けて電源を入れると無事に起動した。
外したCPUはそのままThinkPadに取り付けたところ、こっちも無事動作して当初の目的であるT22のパワーアップがとりあえず完了となった。
T22に取り付けたCPU

T22に取り付けたCPU

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。