「ガンダム」が実写化ぁ?!

日本サンライズが製作し、今でも人気のアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズ。
この度、アメリカの製作会社「レジェンダリー・ピクチャーズ」がサンライズと共同で実写化することを発表した。
「レジェンダリー・ピクチャーズ」と言えば今年公開された「Pacific Rim: Uprising」や2014年公開の「Interstellar」等を作った映画会社で、現在は中国資本傘下となっている。

現時点でストーリーや俳優の発表は全く無く、「ガンダム」をどのような映画にするのかは全く不明。

うーん、”どの”ガンダムを実写化するのかなぁ?
ファーストの時代なのか、それとも全く新しいガンダムを作り出すのか?
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の前史である”厄祭戦”を描いた作品なんかも面白そうだなぁ、、、
出てくるメカはMAこそオルフェンズに出て来たもの(”ハシュマル”)でも良いけど、MSに関しては完全オリジナルデザインが可能だし、キャラクターも中心人物(になるであろう)”アグニカ・カイエル”とその同志であった”セブンスターズ”の各当主さえ出せば、後は完全オリジナルで作れそうなんだよね。

まさか「サンダーボルト」ベースの話にはならないだろうなぁ(汗)。

コメントを残す