先月も「N-BOX」が首位を独走

軽自動車及び登録車の六月の販売台数が発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が相変わらず全車種中のトップにたっている。
「N-BOX」の販売台数は三カ月ぶりに2万台を超えた20,682台で、前月比109.9%、前年同月比117.2%、本年累計台数127,548台、累計前年比120.1%を記録。
モデル末期の昨年も売れに売れていたが、新型になってそれを上回る好調な売れ行きを示している。
2位はスズキの「スペーシア」で13,450台となっているが、それを7,000台以上も上回っているのだから今のところ敵無し状態。

気になるのは今月発売予定と言われている同じホンダの「N-VAN」が出たらユーザーがそちらに流れるのではないかということ。
「N-VAN」は商用車(4ナンバー)とはいえ、上級グレードは乗用車としても魅力的なモデルなので、「N-BOX」を買おうという人の一部はそちらに行くかもしれないなぁ・・・
私も「N-BOX」のラッゲージスペースに少々不満があるので、「N-VAN」が気になっているんだよね(汗)。

コメントを残す