随分と画質が悪い・・・

先日の子供の運動会で撮ってきた写真を見て驚いた。
試し撮りのつもりもあってNIKONの「D60」に「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」を付けて持って行ったんだけど、これで撮った写真の画質がとても悪いorz。
特にワイド端(18mm)の周辺画質にはビックリ!
その時の写真の左上の部分を切り出したのが下の画像。

ワイド端(18mm)で撮った樹の一部。

絞りは開放から少し絞ったF7.1でもこんな感じで樹の葉が判別できないほど。
テレ端(55mm)では少しマシになるけど、やはり解像感が無い。

テレ端(55mm)で撮った建物の屋根部分。

こちらの絞りはF8で、ワイド端の時と条件は少し違うけど比較にはあまり影響は無いんじゃないかな?
あまりに酷かったので、レンズだけでなくボディにも何らかの原因があるのかもしれないと思い他のレンズを付けて樹の茂った山肌を撮ってみたのが下の画像。
こちらも画像の左上の部分を切り取ったもので、レンズは替えたもののボディ側の設定は撮影モードをPからMにしただけ(非CPUレンズなのでMでしか撮れない)。

TAMRONの古いズームレンズ80-210mm F/3.8-4のテレ端で撮った写真の左上を切り出したもの


この写真を見ると流れは見えないので、カメラが原因ということでは無さそうだ。

「D60」や「D40」の小さくて軽いボディに付けるには軽くて良いんだけど、この画質ではちょっとねえ、、、
ということで改良された(MTF曲線を見ても全く異なる)II型を探そうかなぁ?

コメントを残す