バッグが届いた

先日もこのブログで取り上げたカメラバッグが届いた。
箱から出してみると大きすぎず小さすぎずで私にとっては程よい大きさ。
とはいえ問題は内容量で、実際にレンズを付けた一眼レフを入れてみた。
APS-C機しか持っていないがミドルクラスの「EOS 10D」「EOS 40D」「EOS 60D」にそれぞれ「EF28-105mm f3.5-4.5 USM」「EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS STM」「17-50mm F2.8 DC OS HSM」を付けた状態でなんとか収まった。
ところがこの状態だと空いたスペースに交換レンズを入れるのはちょっと難しいかな?
また小型機としてNIKONの「D40」に「AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6 VR」を付けた状態でいれてみると意外とレンズが長く、レンズ面を下にしないと「D40」の小ささを活かせない。
レンズ面を下にするとかなり余裕が出来るので、大口径の交換レンズもなんとか入りそう。

そもそも深さの関係で望遠ズームは入らないだろうから、ミドルクラス機は入れても標準ズーム+単焦点の組み合わせがせいぜいかと。
もしくは一眼レフ+標準ズームとパンケーキレンズを付けたミラーレスの組み合わせが丁度良いかも?
私は一眼レフ+標準ズームと状況によって予備バッテリー等もしくはミラーレスの組み合わせになるかな?
サイドやフラップにあるポケットにはメモリーカードや予備バッテリーを入れることになりそう。

荷物が多い時はカメラもリュックに入れているんだけど、子供と公園に行ったりする時はリュックだと大きいので、これくらいのバッグがあると便利だね。

コメントを残す