「中華五十番」のチャーハン

先日初めて入ったラフィラ地下の「中華五十番」さんに再度行ってみた。
前回は”正油ラーメン”(380円)を頼んだので、今度は前回気になっていた”チャーハン”(580円)をオーダー。
前回よりは客の数が多くて待ち時間が長かったけどこれは仕方の無いところ。
出てきたのは”いかにも”といった感じのチャーハンで、盛られた天辺にはエビが一尾乗せられていた。
さらに卵スープとザーサイが添えられている。
早速食べてみると、きちんと炒められていて食感はとても良いが、少々塩味がきつく感じられて水が欲しくなる味付け。
これは卵スープでも同じで、見た目から受ける感じよりも塩味がきつい。
まぁ、これも好みなんだろうけど、私としてはもう少し塩を減らして欲しいな。
それでもこの内容で580円という価格は安いのであまり文句ばかりも言えないと思う。

前回は価格が税別なのにショーケースでの表記が小さいということを書いたが、下が実際の表記。

この写真はかなり近づいて撮ったので(税別)の文字が読めるけど、ちょっと離れたところからだと結構視力が良くないと読めないと思う。
店内のメニューにも最後のページにしか税抜きだという表記が無いので、私のように支払う段階で初めて税抜きと気づく人もいるんじゃないかな?

#通常、この手の記事は”美味いもの”カテゴリーに入れるんだけど、このお店の場合はそこに入れるほど”美味い”とは思えないんだよねぇ(汗)。

コメントを残す