squidが重かったのは解消した模様

職場のサーバーにsquidを導入してurlフィルタリングを始めたところ、何らかの理由でネットの速度が落ちてしまっていた。
そこで朝一の混雑時だけフィルタリングして、その後はsquidを通さないように運用していた。
その後調べたところ、cache.logにファイルディスクリプタ不足の警告が出ていたので、キャッシュ用ファイルの数をデフォルトの1024から増やしてsquidを再起動して運用してみた。
そうしたところ、朝一の混雑時でも警告が出なくなり、現場からもネットが遅いという報告が入って来なくなった。
どうやら原因はこのファイルディスクリプタ不足によるsquidの応答遅延だったようだな。
とにかくこれでしばらくは運用できそうだ。

コメントを残す