squidが重い原因

先日から導入したsquidが重いということで、運用でなんとかカバーしているが、重たい(と言われる)原因を探ってみた。
サーバーのCPU負荷やメモリ使用量を調べてみると、これが実に軽くてサーバーそのものの処理能力が不足しているわけでは無さそう。
となるとこの手のソフトウェアでよくある”同時接続数が足りない”のが原因では無いだろうか?
一体どれだけの同時接続数が許容されているのか?ということでググって見ると、デフォルトでは1024らしい。
その接続数は/etc/squid/squid.confで指定できるらしいことも判明。
ところが、その数値を増やすだけでなく、OSが同時にオープンできるファイル数(キャッシュ用)も増やさなくてはならないらしい。
とにかく、この対策をしてみて経過を見ることにしよう。

コメントを残す