ディスクフル・・・

現場のFAXで受信したFAXが紙で出てくるとの連絡があった。
調べてみると受信データを保存しているファイルサーバーのディスクが一杯になっている(汗)。
先日チェックした際は余裕があったのだけど、このパーティションにはsambaの.recycleディレクトリも置いてあって、その中に大量の削除済みデータが残っていた。
以前にこのディレクトリの中身が増えた際に削除後一定期間が経過したファイルを消すスクリプトを作ってcronで動作するようにしていたが、想定以上のファイルが削除されていたらしい。
中にはオフィスソフト(WORDやExcel)で作られたテンポラリーファイルも大量に残っている。
なので、取り敢えず毎日動作させているスクリプトを修正して削除済みファイルの保存期間を半分(2年->1年)にして動作させると、大量のファイルが削除されている。
さらにテンポラリーファイルに関しては保存期間を1-2日程度にするようにスクリプトを変更する予定。
で、気になるのはそのテンポラリーファイルのファイル名で、~$で始まるファイルが他にもなければ大丈夫なんだけど(汗)。

コメントを残す