dovecotの自殺・・・

先週に引き続き昨日もpop3デーモン(dovecot)が死んでいた。
maillogには
”Time just moved backwards by xx seconds. This might cause a lot of problems, so I’ll just kill myself now.”
というのが残っていて、時刻が巻き戻ったために自殺したとのこと。
たしかにntpdで時刻合わせをやっているけど、こんなことで一々死なれていては実運用上困ってしまう。
時刻が巻き戻るとトラブルの元になるのは解からないでも無いけどさぁ・・・
解決策としてはntpdで時刻を一気に合わせるのではなく、徐々に合わせるようにするか、時刻が巻き戻った後で生死を確認してdovecotを再起動するスクリプトを組むかのどちらか。
時刻が巻き戻るのは今のところ日曜日の早朝で、アクセスしてくる人が殆どいない時間帯だから、この時間帯に再起動のスクリプトを動かせば良さそうだな。

それにしても昨年までは時刻が大きく(20-30秒も)巻き戻ることは無かったんだけど、年明けから急に巻き戻るようになったのは何故だろう???

コメントを残す