CanonがAPS-C用の18-200mmをリニューアルか?

CanonがAPS-C用高倍率ズームレンズ「EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS」をリニューアルするかもしれない。
この高倍率ズームレンズは今年で発売から10年になり、今となっては古いレンズ。
他のズームレンズ(18-55mmとか55-250mmとか18-135mmとか)はAFモーターのSTM化が進み(18-135mmはUSM化もされた)、動画撮影時のズーミングでもノイズが入らなくなっているが、18-200mmは何故かそのままだった。
ところが昨年、Canonは高倍率ズームレンズの画質向上技術の特許を出願していて、これが新しい18-200mmになるのでは無いかとの情報がある。
確かに、出願情報の中には焦点距離が”18.60(広角) 49.08(中間) 193.00(望遠)”、”F値 3.59 4.89 5.88”との記述があるので、18-200mm F3.5-5.6に近い。
TAMRONやSIGMAの高倍率ズームはさらに高倍率化が進んでいるが、Canonは画質の向上で他社との差別化を計るのだろうか。
私もEFマウント用の高倍率ズームが欲しいのだけど、あまりに倍率が高いと画質がちょっと宜しくないので、正直TAMRONのB008とかB016には食指が伸びない。
現在はFマウント用のSIGMAの18-200mm(旧型)とKマウント用のTAMRONのA014を使っているが、正直言ってSIGMAのはマシだがA014は褒められたものでは無い。
なので、EFマウント用もVCの無いA014は論外として、同社の新型であるB018もちょっと敬遠している(安いのは魅力だが)。
ズームレンジも18-200mmもあれば十分と言った感じなので、16-300mm(B016)とかは要らないかな?
となると、純正の18-200mmがリニューアルするのがホントであれば吉報なんだけど、問題は価格だよなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CANON EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
価格:67157円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)

コメントを残す