収入印紙

高額の買い物をした時の領収書に貼られるのが収入印紙。
この収入印紙は”印紙税法”基づき課税される文書に貼り付けることで納税を行うためにある。
税を納める(収入印紙を購入する)のは文書の作成者なので、買い物をした人が印紙税を負担することは無い。
ところが、一部の不動産会社では、物件の売買契約書に貼る収入印紙の購入代金(=印紙税)を顧客に負担させている。
印紙税法ではその第一章第三条において
「前略-(以下「課税文書」という。)の作成者は、その作成した課税文書につき、印紙税を納める義務がある。」
と規定している。
つまり文書作成者である業者が納税義務者となるわけなので、場合によっては違法行為と言える。
まぁ、その辺はうまく言い逃れ出来るようになっているんだろうけど(例えば”売買契約を結ぶ顧客(売主&買主)から契約書作成の代行を請け負っているだけ”等)、顧客が税法に詳しい人なら突っ込まれること必至だろうな。

コメントを残す