”湯の花”が多いから非衛生?

温泉に関する会話が聞こえてきた。
耳に入ってくる会話を聞いていると、一人が
「○○温泉は湯の花が多くて衛生的じゃないから嫌い」
と話している。
その人は綺麗な浴場の施設が好きらしく、話に出てくる施設は全てが循環ろ過で新しめの施設ばかり。
たしかに湯の花は見方によったらゴミみたいに思えるかもしれないけどねぇ(汗)。
実際、かけ流しでも入浴者のマナーが悪くて湯が綺麗だとは言えない施設もあるけど、最初に出て来た温泉はそうでは無いんだよなぁ。
ま、人それぞれだから直接とやかく言うつもりは無いけど、湯の花が非衛生では無いことは知って欲しいよね。

4 comments to this article

  1. まさ

    on 2017 年 6 月 3 日 at 10:37 PM -

    湯の花は有ると良いのですけどね。
    綺麗な温泉よりも、泉質が良い温泉が良いと思っています。
    長沼温泉に行ってきました。

  2. tan

    on 2017 年 6 月 4 日 at 6:56 AM -

    >まささん
     以前、岩見沢ICのそばにあった岩見沢温泉は綺麗ではありませんでしたけど、泉質が良かったですね。
     長沼温泉は塩分が濃くて掛け流しで施設も綺麗で良いですよねー。

  3. まさ

    on 2017 年 6 月 5 日 at 11:55 PM -

    塩分が濃かったです。あれほど濃いのは初めてでした。

    3月に、鯉川温泉に泊まってきまして、温泉は貸切状態でしたが、
    湯船が深すぎで溺れそうでしたよ。

  4. tan

    on 2017 年 6 月 6 日 at 2:31 PM -

    >まささん
     長沼温泉は海水よりも塩分が濃いので、湯を捨てる場所にも苦労したそうです。
     鯉川温泉は湯船が深いのですね、未訪問なので知りませんでした。

コメントを残す