CANONが「EF200-600mm F4.5-5.6 IS」を開発中?

デジカメinfoによると、CANONが超望遠ズームレンズ「EF200-600mm F4.5-5.6 IS」を開発中で、年内にも発表するのでは?ということらしい。
昨年はNIKONが「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を発売し、同レンジのTAMRONやSIGMAのレンズともども好評らしいので、CANONも参入ということか?
価格帯的には先のNIKON等は20万円以下なので、この価格帯での参入とするとLレンズでは無さそう。
スペック的には先行したNIKONの「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」をテレ端の焦点距離とワイド側の開放f値で上回り、SIGMAの「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM」やTAMRONの「SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(A011)」にはテレ側の開放f値で勝っている。
となると、あとは価格がどうなるかだなぁ、、、
Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
B013DGJ0L2
SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 745547
B00THOYRN6
TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A011E
B00HA072DG

One comment to this article

コメントを残す